秦野版 掲載号:2016年6月25日号 エリアトップへ

ラオス人と畑で交流 約100人が野菜育てる

社会

掲載号:2016年6月25日号

  • LINE
  • hatena
野菜を育てるラオス出身の人々。中央左が浅見さん。
野菜を育てるラオス出身の人々。中央左が浅見さん。

 秦野市下大槻にある畑の一角で、毎朝4時頃から農作業に精を出す人たちがいる。そのほとんどが市内在住のラオス人で、約100人が思い思いの野菜を育てながら交流を深めている。

 畑を提供しているのは、浅見一義さん(62・西田原在住)。もともとこの地で米作りを行っており、8年前の田植えの時期に「お米を売ってほしい」とラオス人夫婦から声を掛けられたという。その年の秋に収穫した米を夫婦の自宅まで届けてあげ、そこから交流が始まった。

 1年後に「野菜を作りたい」と相談された浅見さんは、「秦野で頑張っている外国人の役に立てば」と約300坪の土地を無償で貸与。9家族約30人が野菜作りを開始し、時には収獲した野菜等を使って一緒にバーベキューを楽しみながら親睦を深めた。

 この交流はラオス人を中心とした外国人の間で話題となり、さらに人数が増え、今では浅見さんが貸与した約900坪の畑で約100人が野菜を育てている。

 浅見さんは「親心から」毎朝4時30分頃に様子を見に行っているという。「畑仕事がみんなのいきがいになっている。ゴミが落ちていれば拾い、とてもきれいにしている。彼らから学ぶところはたくさんある」と話している。

駐日ラオス大使が視察

 この交流がラオスで話題となり、6月19日、駐日ラオス大使館からケントン・ヌァンタシン特命全権大使が視察に訪れた。大使は、「ラオス人にとても良くしてもらい感謝している。秦野の皆さんにもラオスの良いところをもっと知っていただきたい」と話した。

秦野市北矢名 猫を探しています

キジトラ白 短いしっぽが特徴 連絡先 原田090-6167-7977

<PR>

秦野版のトップニュース最新6

1枚の絵に“秦野”込め

秦野総合高近颯夏さん

1枚の絵に“秦野”込め 教育

NEXCOのエコバッグに

5月13日号

“エンディング応援”を開始

“エンディング応援”を開始 社会

秦野市社協が新事業

5月13日号

版画作品で優秀な成績

鶴巻の山田姉妹

版画作品で優秀な成績 社会

鉄印コンと年賀コン

5月6日号

「母の日」控え出荷最盛

「母の日」控え出荷最盛 社会

市内のカーネーション農園

5月6日号

札所巡りの歴史継ぐ

医王山天徳寺

札所巡りの歴史継ぐ 社会

坂東三十三観音石仏を新設

4月29日号

畑から鏃(やじり)発見

西田原の片野さん

畑から鏃(やじり)発見 社会

4千〜5千年前と推測

4月29日号

意見広告・議会報告政治の村

  • 「我が人生の歩み」

    なんつッ亭大将 古谷一郎 【私の履歴書】 シリーズ

    「我が人生の歩み」

    第3回・もがくほど深みに

    5月13日号

  • 新年度当初予算が成立‼

    コロナ対策に重点を置き「地域再生」を目指す 県議会報告㉘

    新年度当初予算が成立‼

    神奈川県議会議員 神倉ひろあき

    5月6日号

  • 「我が人生の歩み」

    なんつッ亭大将 古谷一郎 【私の履歴書】 シリーズ

    「我が人生の歩み」

    第2回・暴走族になり、高校は退学へ

    5月6日号

あっとほーむデスク

  • 4月22日0:00更新

  • 4月8日0:00更新

  • 4月1日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年5月13日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook