秦野版 掲載号:2016年6月25日号 エリアトップへ

ラオス人と畑で交流 約100人が野菜育てる

社会

掲載号:2016年6月25日号

  • LINE
  • hatena
野菜を育てるラオス出身の人々。中央左が浅見さん。
野菜を育てるラオス出身の人々。中央左が浅見さん。

 秦野市下大槻にある畑の一角で、毎朝4時頃から農作業に精を出す人たちがいる。そのほとんどが市内在住のラオス人で、約100人が思い思いの野菜を育てながら交流を深めている。

 畑を提供しているのは、浅見一義さん(62・西田原在住)。もともとこの地で米作りを行っており、8年前の田植えの時期に「お米を売ってほしい」とラオス人夫婦から声を掛けられたという。その年の秋に収穫した米を夫婦の自宅まで届けてあげ、そこから交流が始まった。

 1年後に「野菜を作りたい」と相談された浅見さんは、「秦野で頑張っている外国人の役に立てば」と約300坪の土地を無償で貸与。9家族約30人が野菜作りを開始し、時には収獲した野菜等を使って一緒にバーベキューを楽しみながら親睦を深めた。

 この交流はラオス人を中心とした外国人の間で話題となり、さらに人数が増え、今では浅見さんが貸与した約900坪の畑で約100人が野菜を育てている。

 浅見さんは「親心から」毎朝4時30分頃に様子を見に行っているという。「畑仕事がみんなのいきがいになっている。ゴミが落ちていれば拾い、とてもきれいにしている。彼らから学ぶところはたくさんある」と話している。

駐日ラオス大使が視察

 この交流がラオスで話題となり、6月19日、駐日ラオス大使館からケントン・ヌァンタシン特命全権大使が視察に訪れた。大使は、「ラオス人にとても良くしてもらい感謝している。秦野の皆さんにもラオスの良いところをもっと知っていただきたい」と話した。

秦野版のトップニュース最新6

高橋氏、佐藤氏が立候補を表明

高橋氏、佐藤氏が立候補を表明 政治

来年1月 秦野市長選挙

10月15日号

市民と店舗LINEでつなぐ

市民と店舗LINEでつなぐ 経済

10月20日からスタンプラリー

10月15日号

“青パパイヤ”を初出荷

秦野市

“青パパイヤ”を初出荷 社会

特産化めざし15農家が栽培

10月8日号

東海大駅前交番移転へ

秦野警察署

東海大駅前交番移転へ 社会

ロータリーで新築工事開始

10月8日号

乳がん検診 呼びかけ

柳町商店会

乳がん検診 呼びかけ 社会

 10月末まで 駅前をライトアップ

10月1日号

ランチでスタンプラリー

ランチでスタンプラリー 経済

3店巡り食事券が当たる

10月1日号

あっとほーむデスク

  • 10月8日0:00更新

  • 8月6日0:00更新 社会

  • 7月16日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

森林セラピー×スケッチ

森林セラピー×スケッチ

新企画の参加者募集

11月21日~11月21日

秦野版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

秦野版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook