秦野版 掲載号:2016年6月30日号 エリアトップへ

バレーボール秦野A 全国いそじ大会出場 50歳以上の「ママさん」 10年ぶりに

スポーツ

掲載号:2016年6月30日号

  • LINE
  • hatena
予選大会優勝後の秦野Aメンバー
予選大会優勝後の秦野Aメンバー

 50歳以上の選手が出場する「全国いそじ大会・関東いそじ大会 神奈川県ママさんバレーボール予選会」が6月18日、南足柄市体育センターほかで開かれ、秦野A(登(のぼり)野生(やよい)代表)が優勝。10年ぶりに全国大会への出場を決めた。

 秦野Aには現在、南・末広・鶴巻・渋沢・西の5小学校区の選手16人が所属している。15年前、市内の各クラブに所属する50歳以上の選手が集まり結成した。

 所属クラブではベテランとしてチームをまとめている選手ばかり。若いママさん選手からすると「往年のオールスターが集合しているようなもの」だという。

 全国いそじ大会の出場枠は59チーム。県内各ブロック予選での優勝チームの中から、失点の少ないチームが全国への切符を手にすることができる。

 「相手チームの点数を1ケタに抑えることが全試合における目標だった」と登代表(53)。試合前、選手たちを前に1点の重みを確認。「絶対(点を)取らせない」。チーム内ではいつになく緊張が高まっていた。

 初戦はあすかグリーン(川崎)と対戦。出だしミスにより1点を許すが、徐々に緊張がほぐれ、21―5で第1セットを奪取。第2セットも21―8で勝ち進んだ。

 決勝のシリウス(県北)戦では第1セット21―13と初めて相手に2ケタ得点を許すも、第2セットは21―5。大会を通じて相手に1セットも許さず、ブロック優勝。得失点差で、県内1位通過での全国行きを決めた。

 最年長の綾部明子さん(今泉・65)と石井満子さん(くずは台・65)はチーム設立当時からのメンバーで、全国いそじ大会への出場は10年ぶり3回目だ。

 綾部さんは「プレッシャーを感じながら、個々の力を発揮できた。特に登の全国大会への強い思いがプレーに現れていた」と予選を振り返り、「見ている人が面白いと思えるようなプレーを心がけたい」と抱負を語った。

秦野市北矢名 猫を探しています

キジトラ白 短いしっぽが特徴 連絡先 原田090-6167-7977

<PR>

秦野版のトップニュース最新6

1枚の絵に“秦野”込め

秦野総合高近颯夏さん

1枚の絵に“秦野”込め 教育

NEXCOのエコバッグに

5月13日号

“エンディング応援”を開始

“エンディング応援”を開始 社会

秦野市社協が新事業

5月13日号

版画作品で優秀な成績

鶴巻の山田姉妹

版画作品で優秀な成績 社会

鉄印コンと年賀コン

5月6日号

「母の日」控え出荷最盛

「母の日」控え出荷最盛 社会

市内のカーネーション農園

5月6日号

札所巡りの歴史継ぐ

医王山天徳寺

札所巡りの歴史継ぐ 社会

坂東三十三観音石仏を新設

4月29日号

畑から鏃(やじり)発見

西田原の片野さん

畑から鏃(やじり)発見 社会

4千〜5千年前と推測

4月29日号

意見広告・議会報告政治の村

  • 「我が人生の歩み」

    なんつッ亭大将 古谷一郎 【私の履歴書】 シリーズ

    「我が人生の歩み」

    第3回・もがくほど深みに

    5月13日号

  • 新年度当初予算が成立‼

    コロナ対策に重点を置き「地域再生」を目指す 県議会報告㉘

    新年度当初予算が成立‼

    神奈川県議会議員 神倉ひろあき

    5月6日号

  • 「我が人生の歩み」

    なんつッ亭大将 古谷一郎 【私の履歴書】 シリーズ

    「我が人生の歩み」

    第2回・暴走族になり、高校は退学へ

    5月6日号

あっとほーむデスク

  • 4月22日0:00更新

  • 4月8日0:00更新

  • 4月1日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年5月13日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook