秦野版 掲載号:2016年7月2日号 エリアトップへ

シンガーソングライター昌美さん 地元初ライブを開催 オリジナル曲を披露

社会

掲載号:2016年7月2日号

  • LINE
  • hatena
ギターをかまえる昌美さん
ギターをかまえる昌美さん

 透き通る歌声が心に響く、アコースティック・ギター弾き語りのシンガーソングライター 昌美さん(21・秦野市在住)が7月3日(日)、ライブスタジオ・ミッシェル(南矢名)で、地元秦野では初となるライブを行う。

 4姉妹の3番目として賑やかな幼少期を過ごした昌美さん。音楽が特別好きだったわけではなかったが、中学1年の時に「コブクロ」を知り、憧れたという。

 アコースティック・ギターの音色に魅せられたといい、「自分で弾いてみたい」と、中学2年の誕生日に両親から初心者用のギターをプレゼントしてもらった。

 最初は楽譜すら読めず、満足に音を鳴らすことも出来なかったという。思うように弾けるようになるまで3年かかったといい、その頃には高校で友人とユニットを組み活動していた。

 「プロになりたい」と思ったのは高校2年の終わり頃。音楽の専門学校に進学し、技術を身に着けた。

 曲作りを行う時は、メロディが先に浮かぶという。その後、自分がイメージする曲に近づけるために何度も修正を加えていく。オリジナル曲を多く持ち、今年3月には、6曲入りの1stミニアルバムをインディーズから発表した。「地元を思い歌った曲もあります。聴いてくださる方それぞれの故郷に思いを馳せていただければ」と話している。

 現在は「プロデビュー」の夢を追いながら、都内のライブハウスなどで活動している昌美さん。地元初ライブを明日に控え、「地元でできると思っていなかったのでうれしいです。皆さんと一緒に楽しみたい」と笑顔を見せた。

 ▽7月3日(日)「昌美のティータイムコンサート」/午後3時開場、3時30分開始。1500円(コーヒー・デザート付、税別)。
 

秦野版のトップニュース最新6

みんなのベンチ設置

大根地区

みんなのベンチ設置 社会

坂道途中の休憩所に

5月20日号

ホタル復活へ本格始動

くずはの家

ホタル復活へ本格始動 社会

「とんぼのせせらぎ」復旧

5月20日号

1枚の絵に“秦野”込め

秦野総合高近颯夏さん

1枚の絵に“秦野”込め 教育

NEXCOのエコバッグに

5月13日号

“エンディング応援”を開始

“エンディング応援”を開始 社会

秦野市社協が新事業

5月13日号

版画作品で優秀な成績

鶴巻の山田姉妹

版画作品で優秀な成績 社会

鉄印コンと年賀コン

5月6日号

「母の日」控え出荷最盛

「母の日」控え出荷最盛 社会

市内のカーネーション農園

5月6日号

秦野市北矢名 猫を探しています

キジトラ白 短いしっぽが特徴 連絡先 原田090-6167-7977

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

  • 「我が人生の歩み」

    なんつッ亭大将 古谷一郎 【私の履歴書】 シリーズ

    「我が人生の歩み」

    第4回・27歳まで僕は「逃げ続けた」

    5月20日号

  • 「我が人生の歩み」

    なんつッ亭大将 古谷一郎 【私の履歴書】 シリーズ

    「我が人生の歩み」

    第3回・もがくほど深みに

    5月13日号

あっとほーむデスク

  • 4月22日0:00更新

  • 4月8日0:00更新

  • 4月1日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年5月20日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook