秦野版 掲載号:2017年10月20日号 エリアトップへ

平井通宏さん(尾尻在住) 英語資格で50冠達成 最上級取得数日本一を更新

社会

掲載号:2017年10月20日号

  • LINE
  • hatena
認定証や証明書を持つ平井さん
認定証や証明書を持つ平井さん

 平井通宏さん(74)=秦野市尾尻在住=が9月7日、一般財団法人日本規格協会翻訳者評価登録センターに登録された。これまでに49種の英語資格の最高点(最上級)を獲得しており、今回の登録により50冠を達成した。

 平井さんは1943年、東京都生まれ。東京大学を卒業後、(株)日立製作所で大型コンピュータの設計のほか、輸出業務などに携わってきた。

 「英語は嫌いじゃなかった」というが、学生の頃や社会人になってからも「必要に駆られ勉強していた」という。しかし、やるとなったら徹底的に自分を追い込んだ。アメリカに社費留学した際には「日本人とは付き合わない」と決め、実行。「おかげでスピーキングの基礎が身についた」と当時を振り返る。

 転機が訪れたのは50歳目前。「第2の人生は英語で食っていきたい」と一念発起。夢の実現のため、英語資格検定試験で最高点を目指し始めたという。

 英検1級にはじまり、国連英検特A、TOEIC990点(満点)、ケンブリッジ英検CPE―A級、ほんやく検定1級、知的財産翻訳検定(和文英訳)1級などを獲得していった。そして40種を取得した時点で「記録認定・日本一ネット」に記録を自己申請。個人の偉業達成のカテゴリーで、英語能力検定最上級取得数の日本一に認定された。それ以降、資格を取得するたびに申請を続け、記録を更新し続けている。

 定年退職後は、神奈川大学で特任教授や非常勤講師を務め、現在は翻訳や技術・ビジネス英語教育、語学教育コンサルティングなどを行う(有)平井ランゲージ・サービシズの代表を務める。その傍ら、休日には夫婦で社交ダンスを楽しむという一面も。

 今月29日には知的財産翻訳検定(英文和訳)試験を受験する予定だという。平井さんは、「60種目指して今後も英語の資格を取得したい」と話した。

秦野版のトップニュース最新6

救急出動が年間約700件減

救急出動が年間約700件減 社会

新型コロナの影響か

1月15日号

施設利用の時間等制限

秦野市

施設利用の時間等制限 政治

緊急事態宣言で対応

1月15日号

オンライン配信に変更

新成人のつどい

オンライン配信に変更 文化

新型コロナ拡大を受け

1月8日号

chicca mesh開発

極東窒化研究所

chicca mesh開発 経済

工業技術を一般消費者へ

1月8日号

牛と共に生きる

初夢インタビュー

牛と共に生きる 社会

牧場経営を目指す小川翔吾さん

1月1日号

命と暮らしを最優先に

命と暮らしを最優先に 社会

新春インタビュー 高橋昌和市長に聞く

1月1日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 12月11日0:00更新

  • 11月27日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

草や木の実で遊ぼう

草や木の実で遊ぼう

くずはの家で観察会

1月23日~1月23日

秦野版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク