秦野版 掲載号:2018年1月26日号 エリアトップへ

スギ花粉飛散量「例年の2倍」 昨年対比では5倍に

社会

掲載号:2018年1月26日号

  • LINE
  • hatena

 今春のスギ花粉飛散量について、神奈川県は「例年の2倍程度になると予測される」と発表した。少なかった昨年と比べると5倍程度の増加だという。

 県は、昨年11月に県内のスギ林30カ所で花粉を飛散させる雄花の着花量調査を行った。県北部6カ所(相模原市緑区)、県央部9カ所(厚木市・愛川町・清川村)、県北西部6カ所(秦野市・松田町・山北町)、県西部9カ所(小田原市・南足柄市・山北町の一部)の4地域で、各調査箇所のスギ林から40本のスギを抽出し、1本ごとに着花状況を点数化。その合計値の平均値を調査箇所ごとの着花点数とした。30カ所の着花点数の平均値は67・2点。これは着花が木全体に認められるか部分的に多い状況を示しており、昨年の37・7点を大きく上回った。この数値は過去20年間を見ても4番目に多い数値で、昨年7月の猛暑が要因と見られている。

 花粉の飛散状況は、環境省花粉観測システム(愛称/はなこさん)で2月1日から確認できる予定。ページのアドレスはhttp://kafun.taiki.go.jp/

秦野版のローカルニュース最新6

ハート展

ハート展 文化

12月9日から

11月26日号

食品ロス対策学ぶ

蔵の仲間たち展

自然素材のリース展示

自然素材のリース展示 文化

くずはの家で11月27日から

11月26日号

12月イベント情報

万葉の湯 はだの館

12月イベント情報 社会

11月26日号

“笑運動会”で再会喜ぶ

高橋昌和の4年間

5つの誓いの取り組みと成果 第1回「中学校給食の完全実施」

https://takahashi-m.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月8日0:00更新

  • 8月6日0:00更新 社会

  • 7月16日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

プロに学ぶフォトセミナー

【Web限定記事】

プロに学ぶフォトセミナー

観光協会が参加者募集

12月10日~12月10日

秦野版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

秦野版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年11月26日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook