秦野版 掲載号:2018年3月16日号 エリアトップへ

須賀神社 神輿改修で当時の姿に 4月7日の例祭でお披露目

文化

掲載号:2018年3月16日号

  • LINE
  • hatena
新造当時の姿を取り戻した須賀神社神輿
新造当時の姿を取り戻した須賀神社神輿

 江戸時代に新造された須賀神社(秦野市羽根714)の神輿が大改修され、当時の姿を取り戻した。3月4日に神社に戻り、4月7日(土)に行われる例祭で初披露される。

 須賀神社の神輿は「明王太郎」と呼ばれる大工一門が手掛けたもので、明王太郎神輿と呼ばれる中では、上秦野神社に続いて市内で2番目に古いものとなる。

 歴史を紐解くと、1800年(寛政12年)に羽根村で牛頭天王(ごずてんのう)社の神輿を造る話が持ち上がり、大山の大工・明王太郎信景に依頼したとされる。現存する棟札と証文によると、金30両のほか4本の木材を提供し、1801年(享和元年)に神輿が完成した際には氏子衆が大勢して大山まで受け取りに行き、神輿を担いで帰ったという。

 45年後の1846年(弘化3年)に1度目の大修理が行われた。1873年(明治6年)には、羽根村にあった海の神を祀る住吉明神社が牛頭天王社を合祀し、現在の須賀神社となったという。須賀神社では住吉神社の祭神である大渡津見之命(おおわたつみのみこと)と須佐之男命(すさのおのみこと)の2柱を祀っている。

 1920年(大正9年)に2度目の大修理が行われ、関東大震災の災禍に遭いながらも、神輿は受け継がれてきた。一時期は戦争で若者が減り担がれない時期もあったが、戦後の神輿ブームと共に祭礼に担がれるようになったという。

寄付金を募り3度目の大改修へ

 神輿を担ぐために1980年(昭和55年)、仮修理を行ったものの、それからは修理を行っていなかった。老朽化も進んでいることから「由緒ある神輿を後世に伝えよう」と2016年に実行委員会を立ち上げるとともに氏子衆を中心に寄付金を募ってきた。その寄付金をもとに昨年4月、「茅ヶ崎神輿康」に修理を依頼。1年かけて修繕を行ってきた。その際、当時の姿を残そうと使える部分はできる限り使用したほか、分解の折に以前の塗りが残っている部分からわかった新造当初の色も再現していった。

 氏子総代の役員として関わってきた古谷光一さんと大津智司さん、古谷稔さんは「今まで見えなかった彫刻のヤマタノオロチの8つ目の顔も見つかったり、屋根の色も黒ではなかったり、今回の大修理でいろんなことがわかった」と話す。

 須賀神社の神輿には、祭神である須佐之男命と大渡津見之命の姿が彫刻してあり、日本の神話をモチーフとした場面が選ばれている。須佐之男命がヤマタノオロチを退治しようとしている情景のほか、海の神である大渡津見之命と琴を手にした息女の豊玉比売(とよたまひめ)の姿などがあり、明王太郎神輿の中でも神社の祭神や神話をもとにした彫刻を持つ神輿は他になく大きな特色となっているそうだ。

「由緒ある神輿を多くの人に」

 3月4日、須賀神社に戻ってきた神輿を氏子衆らが迎えた。屋根と土台の部分は濃い褐色で、丁寧に貼り直された金箔が輝き、当時の姿を取り戻している。

 神社の境内は季節になると冬鳥のヒレンジャク観察で人が訪れるほか、ケヤキをタブノキが抱えているようなご神木もある。4月の例祭に向けて境内の整備も積極的に行っており「新造当時の姿を取り戻した由緒ある神輿を多くの人に見てもらいたい」と話す。

 4月7日の例祭では昼頃から神輿の町内一周が行われ、一般にお披露目される。

修復途中の神輿。古い部品も使う
修復途中の神輿。古い部品も使う
境内にある“抱えタブノキ”
境内にある“抱えタブノキ”

秦野市北矢名 猫を探しています

キジトラ白 短いしっぽが特徴 連絡先 原田090-6167-7977

<PR>

秦野版のトップニュース最新6

1枚の絵に“秦野”込め

秦野総合高近颯夏さん

1枚の絵に“秦野”込め 教育

NEXCOのエコバッグに

5月13日号

“エンディング応援”を開始

“エンディング応援”を開始 社会

秦野市社協が新事業

5月13日号

版画作品で優秀な成績

鶴巻の山田姉妹

版画作品で優秀な成績 社会

鉄印コンと年賀コン

5月6日号

「母の日」控え出荷最盛

「母の日」控え出荷最盛 社会

市内のカーネーション農園

5月6日号

札所巡りの歴史継ぐ

医王山天徳寺

札所巡りの歴史継ぐ 社会

坂東三十三観音石仏を新設

4月29日号

畑から鏃(やじり)発見

西田原の片野さん

畑から鏃(やじり)発見 社会

4千〜5千年前と推測

4月29日号

意見広告・議会報告政治の村

  • 「我が人生の歩み」

    なんつッ亭大将 古谷一郎 【私の履歴書】 シリーズ

    「我が人生の歩み」

    第3回・もがくほど深みに

    5月13日号

  • 新年度当初予算が成立‼

    コロナ対策に重点を置き「地域再生」を目指す 県議会報告㉘

    新年度当初予算が成立‼

    神奈川県議会議員 神倉ひろあき

    5月6日号

  • 「我が人生の歩み」

    なんつッ亭大将 古谷一郎 【私の履歴書】 シリーズ

    「我が人生の歩み」

    第2回・暴走族になり、高校は退学へ

    5月6日号

あっとほーむデスク

  • 4月22日0:00更新

  • 4月8日0:00更新

  • 4月1日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年5月13日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook