秦野版 掲載号:2018年5月11日号 エリアトップへ

戸川土地区画整理準備組合 企業誘致に向け一歩 2年後の組合設立めざす

政治

掲載号:2018年5月11日号

  • LINE
  • hatena
高橋市長に技術援助請求を行う桐山会長(左から2番目)
高橋市長に技術援助請求を行う桐山会長(左から2番目)

 戸川地区(約15‌ha)について産業系の土地利用をめざし、秦野市戸川土地区画整理準備組合が3月に設立された。現在、事業計画の作成に向けて公募型プロポーザルを行っており、土地区画整理事業が進み出している。

 秦野市は2020年度開通予定の新東名高速道路にあわせて整備される秦野サービスエリア(仮称)スマートIC(インターチェンジ)の活用をめざし、周辺の土地利用構想を定めている。この中で「産業利用促進ゾーン」に設定されている戸川地区について、企業誘致を見据えた土地区画整理事業を行うため、土地区画整理組合の設置を計画。まず、地権者からなる「秦野市戸川土地区画整理準備組合」を3月24日に設立した。4月17日には組合設立認可に必要な業務のため、秦野市に技術援助請求を行った。

 現在は土地区画整理事業の事業計画(案)作成など行うため公募型プロポーザルを実施しており、5月下旬に受注候補者が決まる予定。また事業化検討パートナーを募集し、企業誘致などについても意見を求めていくという。同準備組合の桐山昌幸会長は「周辺環境に調和した企業誘致などノウハウを持つ方の力を借りて進めていきたい」と話す。組合設立は2020年度をめざしており、「組合設立に向け事業を円滑に進めたい」と話している。
 

秦野版のトップニュース最新6

町工場の技術に大賞

町工場の技術に大賞 経済

五洋工業ら5社 魔法の鉄板フライパン開発

6月11日号

要注意4カ所を改善

秦野市内バス停

要注意4カ所を改善 社会

国土交通省調査結果でB判定

6月11日号

中学校給食関連など上程

秦野市

中学校給食関連など上程 社会

6月議会で12議案他審議

6月4日号

たばこ祭と市民の日中止

たばこ祭と市民の日中止 社会

コロナ影響で2年続けて

6月4日号

震生湖の散策道整備へ

震生湖の散策道整備へ 社会

観光地として魅力向上へ

5月28日号

秦野FC 初の関東へ

サッカーUー15

秦野FC 初の関東へ スポーツ

創部以来、初の快挙

5月28日号

あっとほーむデスク

  • 6月11日0:00更新

  • 5月28日0:00更新

  • 4月23日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 第3回「ビバ渋沢栄一!」

    NHK大河ドラマ「青天を衝け」主人公 渋沢栄一が遺したもの 連載寄稿

    第3回「ビバ渋沢栄一!」

    エッセイスト・加藤正孝(鶴巻)

    6月11日号

秦野版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年6月11日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter