秦野版 掲載号:2018年10月5日号
  • LINE
  • hatena

プロバスケットボールチーム「横浜ビー・コルセアーズ」のキャプテンに就任した 細谷(ほそや) 将司(まさし)さん 秦野南が丘高校(現:秦野総合高校)出身 29歳

ストイックな司令塔

 ○…「勝つために自分が引っ張っていきたい」。プロバスケリーグB1所属の横浜ビー・コルセアーズで湊谷(みなとや)安玲久司朱(あれくしす)選手と共にキャプテンに就任した。チームの司令塔であるポイントガードを務め、中心選手として活躍する。「チームのファンがどんどん増えていると感じる。勝って期待に応えたい」と真剣な眼差し。週に6日あるという練習には、誰よりも早く来て、誰よりも遅く帰り、今シーズンに備える。10月17日、横浜文化体育館で富山グラウジーズとの試合がホーム開幕戦となる。

 ○…バスケを始めたのは中学の時。当時、日本人初のNBA選手である田臥勇太選手のプレーを見て「173cmで自分と同じくらい身長が低いのにすごい」とプロを目指した。部活の後も自主練習を積み重ねる日々。大学まで続けたバスケだったが、プロチームから声がかかることはなかった。しかしプロへの夢を諦めず努力を重ね、自力で這い上がった。「細谷でもプロになれたんだからと、プロを目指す人が増えたら嬉しい」。次世代のプレーヤーに期待する。

 ○…好きな場所は、秦野南が丘高校(現秦野総合高)へ続く坂道。同校の生涯スポーツコースに在籍していた。「高校はとても思い出深くて印象に残っている」と思いを馳せる。年に3回しか休みがなかったという部活で挨拶や礼儀、社会人としての振る舞いを学んだ。「当時はきつかったが、今になって良かったと思う。すごく生きている」と、きつい練習が今の財産に。

 ○…周りからの評価は、まじめ・天然。練習や試合への姿勢、休日も自己啓発本を読むなど勉強を怠らない真摯な態度がそう思わせる。時には、おやじギャグを言って周囲を笑わせるムードメーカー。「夢を与えられる存在でありたい。日本一を目指します」と目が輝いた。

秦野版の人物風土記最新6件

神山(かみやま) 鶴舞峰(かくぶほう)さん

3月30日、本町公民館の「ひな人形とお香の会」で席主を務める

神山(かみやま) 鶴舞峰(かくぶほう)さん

3月22日号

渡邊 純子さん

3月17日(日)の第31回丹沢音楽祭「メサイア」でピアノを務める

渡邊 純子さん

3月15日号

関 修司さん

本町公民館で3月8日、子どもの貧困問題や子ども食堂などについて講演を行う

関 修司さん

3月8日号

大川 弘毅さん

第18回全日本マスターズレスリング選手権大会58kg級で優勝した

大川 弘毅さん

3月1日号

大野 和成さん

湘南ベルマーレのキャプテンに就任した

大野 和成さん

2月22日号

木次谷(きじや) 紀子さん

ブラスゼロ第5回コンサートでマリンバ奏者としてソリストを務める

木次谷(きじや) 紀子さん

2月15日号

秦野版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 3月22日0:00更新

  • 3月8日0:00更新

  • 3月1日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

三浦乾也の作品展示

秦野で活躍した陶芸家

三浦乾也の作品展示

27日から本町公民館で

3月27日~4月9日

秦野版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年3月22日号

お問い合わせ

外部リンク