秦野版 掲載号:2018年10月5日号 エリアトップへ

独自に中学校給食方式検討 新たな会が発足

社会

掲載号:2018年10月5日号

  • LINE
  • hatena
他市の状況等が発表された27日のつどい
他市の状況等が発表された27日のつどい

 誰もが納得する中学校給食のあり方を行政や議会に働きかけていくことを目的にした「中学校完全給食をすすめる会(仮称)」がこのほど発足した。同会は、9月27日、秦野市立南公民館で学校給食法や他市での実例を学ぶ第1回つどいを開催した。

 会を作ったのは市民の暮らしを守る活動をしている「平和・民主・革新をめざす秦野市懇談会」(通称・はだの革新懇)。市では現在、2021年度の中学校完全給食の実施に向け設けられた「秦野市中学校完全給食推進会議」が方式の検討を進めている。革新懇は、中学校給食実現に向け市に要望書を提出してきた経緯があることから、推進会議とは別の視点で行政に方式の検討を働きかけようと会が作られた。

 第1回つどいには川崎市や大磯町の中学校給食実施に関わる市民団体の関係者を講師に招き市民ら約20人が参加した。

 川崎市の中学校は、4校が自校式で48校がセンター方式。発表した市古博一さんは、実施までの経緯の説明の他、給食センターの写真、生徒たちの給食の様子などを紹介した。最後に「長期的には、センター方式から自校式に変更する学校を増やしていきたい」と締めくくった。大磯町は現在中学校給食を休止している。発表した佐藤勝栄さんはデリバリー方式の決定・導入から異物混入、食べ残し問題で休止に至るまでの経緯や問題点などを説明した。参加者は、メモを取りながら講師の話に耳を傾けていた。

 中学校完全給食をすすめる会の石井富士男事務局長は「今後もつどいを開催していき、より良い中学校給食実現のために活動していきたい」と話している。

はだの地域福祉総合相談センター

「きゃっち。」相談員募集(問)秦野市社協0463-84-7711

https://www.vnhadano.com/

N響楽団員によるコンサート

新進建設モデルハウス「桧の香」で開催

https://shinshin-homes.com/

<PR>

秦野版のトップニュース最新6

総合相談に全社協表彰

秦野市社協

総合相談に全社協表彰 社会

『きゃっち。』と基金運用に評価

1月21日号

パイプオルガンを導入

パイプオルガンを導入 文化

本町の秦野聖ルカ教会

1月21日号

秦野にもゆかりの地

鎌倉殿の13人

秦野にもゆかりの地 文化

県が特設ページで紹介

1月14日号

通年会期制を導入

秦野市議会

通年会期制を導入 政治

1月1日からスタート

1月14日号

1,669人 新たな門出

1,669人 新たな門出 社会

10日に新成人のつどい

1月7日号

1月14日から発送

65歳以上3回目接種券

1月14日から発送 社会

接種開始は2月1日

1月7日号

高橋まさかず

秦野を変える実現力。高橋まさかず 5つの誓い2022

https://takahashi-m.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 12月24日0:00更新

  • 12月10日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

秦野版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年1月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook