秦野版 掲載号:2019年4月19日号 エリアトップへ

MEGAドンキ 4月26日に県西初出店 市との間に災害時協定も締結

経済

掲載号:2019年4月19日号

  • LINE
  • hatena
246号線沿い(平沢)のMEGAドンキ秦野店
246号線沿い(平沢)のMEGAドンキ秦野店

 国道246号線沿い、平沢にある「島半94ビル(平沢530の2)」内のテナントとして建設が進められていた「MEGA ドン・キホーテ秦野店」が、いよいよ来週の4月26日(金)午前9時にオープンする。

 同店は株式会社ドン・キホーテ(本社・東京都目黒区/大原孝治代表取締役社長)が展開する総合ディスカウントストア。MEGAドンキと呼ばれる店舗は、若年層をターゲットにしたドンキとは違い、ファミリーや高齢者など幅広い年齢層を対象にした総合スーパーとしての形態をもつ。MEGAドンキの店としては県西初の出店となる。

 「地域におけるプライスリーダーとして、食品や日用消耗品を圧倒的な驚安(きょうやす)価格で提供」という同店。ブランド品や家電製品なども充実させ、消費者の幅広いニーズに応えていく。

 日配品や冷凍食品にも力を入れ、独自仕入れにより低価格を実現した菓子、家庭雑貨、日用消耗品など、「来店のたびに新しい発見」のある同店限定の商品も数多く揃えるという。

 3029平方メートルの売り場面積をもつ店内は、丹沢の山や名水の地として知られる秦野をイメージした装飾が施されている。店内の通路は幅2mとベビーカーやカートでも買い回りしやすいように設計され、休憩スペースなども設けられる。

 同店の斉藤健太店長は「お客様にお買い物の『ワクワク・ドキドキ』を提供する店舗を創造するとともに、末永くご愛顧いただける店舗づくりに努めていきたい」と話している。

 鉄骨造地上1階建ての同店の営業時間は、午前9時から翌午前2時。駐車場台数は120台(地上駐車場16台、屋上駐車場104台)。駐輪台数は87台。

災害時に被災者を支援

 同店を展開する(株)ドン・キホーテは地域密着型店舗の地域貢献事業の一つとして、秦野市との間で「徒歩帰宅者への支援に関する災害時協定」を4月15日に締結した。

 これは大規模災害が発生した場合、市の要請により被災者が必要とする食料品や生活必需品を避難所等へ供給するとともに、公共交通機関が途絶し、やむを得ず徒歩により帰宅する人に対し、休憩スペースの提供やトイレの使用、テレビ・ラジオ等での情報提供をしていくというもの。

 同社として自治体との協定は、千葉県八千代市に続いて2例目、秦野市としては初の取り組みとなった。
 

秦野版のトップニュース最新6

スーパーシードで関東へ

秦野リトルシニア

スーパーシードで関東へ スポーツ

全国目指し26日に初戦

5月24日号

年代示す資料発見

日光月光菩薩立像

年代示す資料発見 文化

解体予定の東光寺薬師堂

5月24日号

山岳救助隊に初の女性隊員

山岳救助隊に初の女性隊員 社会

土方ありさ消防士を指定

5月17日号

今年は秋田市と対戦

チャレンジデー

今年は秋田市と対戦 社会

29日に15分の運動呼びかけ

5月17日号

いちごの和紅茶 開発

高梨茶園

いちごの和紅茶 開発 経済

生産から加工まで秦野で一貫

5月1日号

お手まきの木 順調に生育

秦野市

お手まきの木 順調に生育 社会

全国育樹祭招致へ意欲

5月1日号

伝統の『峠漬』復活へ

峠屋―1976―

伝統の『峠漬』復活へ 社会

11月頃めざし若手グループが活動

4月26日号

あっとほーむデスク

  • 5月17日0:00更新

  • 5月1日0:00更新

  • 4月26日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「瞬間の感動」を1枚に

「瞬間の感動」を1枚に

市民ギャラリーで写真展

5月28日~6月2日

秦野版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月24日号

お問い合わせ

外部リンク