秦野版 掲載号:2019年4月26日号 エリアトップへ

峠屋―1976― 伝統の『峠漬』復活へ 11月頃めざし若手グループが活動

社会

掲載号:2019年4月26日号

  • LINE
  • hatena

 秦野市渋沢の峠地区の特産品『峠漬』を受け継いでいこうと、若手加工グループ「峠屋―1976―」(横坂いずみ代表)が活動を行っている。4月からは初めて漬けた野菜を、単品商品『峠の粕漬』として売り出している。

 峠漬は県のかながわブランド認証品。峠地区で収穫した大根・人参・胡瓜・茄子・三つ葉の5品を塩で漬け込み、酒粕で1〜2年漬け替えながら熟成させたもの。地元農家の「峠生活グループ」が長年作り続けてきたが、高齢化により2018年3月末で解散。峠漬が途絶える危機に陥った。

 しかし伝統の味を次代へ繋ごうと、JAはだの職員が作業工程を教わりながら人集めを開始。峠地区への転入者や出身者など30〜40歳代を中心に、メンバー8人で昨年10月に「峠屋―1976―」を立ち上げ、峠漬の伝統を受け継いだという。1976は峠漬が出来た年。「おばちゃん達に教わりながらやっています。初めは粕まみれになり大変でした」と横坂さんは話す。全員、仕事をしながらの活動だが、時間をあわせて漬け替えを実施。今年3月に初めて完成した粕漬を観光客に振る舞ったところ「反応がかなり良かった」という。

 完成期間に差があるため、5品が入った『峠漬』の復活は今年11月頃を予定している。その前に粕漬の美味しさを知って貰おうと、4月から『峠の粕漬』としてはだのじばさんず等で単品販売も開始した。横坂さんは「私たちくらいの年代が活動することで、漬物を食べない世代にも広まれば。特産を遺していくことが大切」と話している。

秦野版のトップニュース最新6

久保寺邦夫政経塾が発足

久保寺邦夫政経塾が発足 経済

共に学び「秦野を元気に」

4月9日号

親子でヘアドネーション

上大槻山嵜さん

親子でヘアドネーション 社会

「医療用ウィッグに役立てて」

4月9日号

ヤビツ峠に新たな拠点

ヤビツ峠に新たな拠点 社会

レストハウスがオープン

4月2日号

「マスクの下に笑顔を」

「マスクの下に笑顔を」 社会

市内有志ら はだの万博祭

4月2日号

宇宙描き最優秀賞に

南小6年山本さん

宇宙描き最優秀賞に 教育

かながわ夢絵コンテスト

3月26日号

名古木にMTB(マウンテンバイク)コース

丹沢TrailS

名古木にMTB(マウンテンバイク)コース スポーツ

自然と共存で里山保全も

3月26日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月9日0:00更新

  • 4月2日0:00更新

  • 3月26日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

春の星空教室

春の星空教室

4月17日 南が丘公民館

4月17日~4月17日

秦野版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年4月9日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク