秦野版 掲載号:2019年6月28日号 エリアトップへ

渋沢・國榮稲荷神社 「令和の桜」で憩いの場に 商店会など4団体が献木

文化

掲載号:2019年6月28日号

  • LINE
  • hatena
献木された桜とそれを記念した石碑
献木された桜とそれを記念した石碑

 秦野市曲松の國榮(くにさかえ)稲荷神社で6月21日、桜の献木式が行われた。秦野市西商店会連合会、渋沢駅前商店会、柳町商店会、渋沢商店会の4つの団体が新元号「令和」を記念してソメイヨシノを贈った。

 「國榮稲荷神社」は、市の天然記念物にも指定されている樹齢約400年のイチョウの木が神社の入口に聳え立つ歴史ある神社。日頃から神社近くの曲松児童センターを利用する地域住民が立ち寄ったり、初詣やお祭りの際には多くの人が訪れ賑わったりと、地域の人々に愛されている。

 同神社にはかつて、2本の桜の木が植えられていたが、2001年に社務所を移転するのに伴い、伐採してしまったという。それから約20年、近隣に住む地元の人々から「水無川まで行かないとお花見ができない。桜の木をもう一度植えてほしい」と多くの要望が寄せられ続けていた。同神社の役員らがどうにか桜の木を植えたいと思うも、桜を植えた後の手入れの問題などがあり、中々実現には至らなかった。

 しかし、今年5月1日に元号が「令和」になることに伴い、役員らは各商店会の会長に「令和の記念として献木をお願いできないか」と打診。5月25日、同神社に再び桜の木が植えられることになった。

 桜の品種はソメイヨシノ。現在、樹齢約2〜3年で、高さは4mほどある。隣接する公園に枝が伸びるように植えられており、神社と公園の両方から桜を楽しめるようになっているという。

 献木式が行われた6月21日には、同神社の役員や各商店会の会長ら約10人が出席した。同神社氏子総代会の諸星菊男会長は「皆さまにご賛同いただけて桜の木を植えることができました。”令和の桜”として親しまれるシンボルになれば。来年の春には地域の方がお花見に訪れてくださると思うので、楽しみにしたい」とあいさつ。

 西商店会連合会の桐山浩幸会長は「子どもの頃よく遊んでいて思い入れのある場所。その頃のように、地域の人たちが集える憩いの場になれば」と話した。

秦野版のトップニュース最新6

「コロナ感染症」に負けるな

疲弊する市内経済

「コロナ感染症」に負けるな 経済

商店会が独自に対策

4月3日号

秦野丹沢まつり中止に

秦野丹沢まつり中止に 文化

3.11以来2度目、コロナ影響

4月3日号

小規模特認校スタート

上小学校

小規模特認校スタート 教育

初年度は6人が制度利用

3月27日号

秦野初の真打が誕生

春風亭一左さん

秦野初の真打が誕生 文化

ふるさと大使にも就任

3月27日号

「曽屋水道記念公園」に

旧曽屋配水場

「曽屋水道記念公園」に 文化

130周年機に呼称変更

3月20日号

薬師如来 県重要文化財に

東光寺

薬師如来 県重要文化財に 文化

貴重な「一日造立仏」と判断

3月20日号

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月3日0:00更新

  • 3月20日0:00更新

  • 2月14日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「備長釉」の陶器展示

「備長釉」の陶器展示

香窯陶芸工房 春の作品展

3月29日~4月19日

秦野版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年4月3日号

お問い合わせ

外部リンク