秦野版 掲載号:2020年2月7日号 エリアトップへ

低樹八重桜で安全収穫へ 全国初ジョイント栽培始動

社会

掲載号:2020年2月7日号

  • LINE
  • hatena
植樹式で八重桜を植える参加者
植樹式で八重桜を植える参加者

 秦野市柳川で活動する任意団体フィールド・フォー・シチズン(小池勉代表・53)が、全国有数の生産を誇る秦野の八重桜を守ろうと、低樹高化が可能なジョイント栽培の取り組みを全国に先駆けて開始した。1月26日には植樹祭が行われ、35本が植えられた。

 全国有数の食用桜花の生産地である秦野市。特に千村地区は「八重桜の里」と呼ばれ、江戸時代末期から生産を行っている。しかし近年では後継者不足をはじめ、高木となる八重桜の摘み取り時に、生産者の高齢化に伴う落下の危険性も高まっており、存続を危ぶむ声も出てきている。

 昨年4月、こうした現状を耳にし、同団体で解決策を模索。小池さんが神奈川県農業技術センターに勤めていることから、アドバイスを受け、低樹高化に向けジョイント栽培に取り組むことになった。八重桜のジョイント栽培は同センター内では試験的に行われていたが、一般栽培は全国初の取り組みだという。

 このジョイント栽培は主枝を地面と水平に曲げて接ぎ木することで、花や実がつく枝を低い位置に留めることが可能となる。すでにナシやウメなどで実用化されており、八重桜もこの方法を活用することで脚立などを使わなくても手の届く範囲で収穫できるようになるため、農家が抱える課題をクリアすることが見込めるという。

遊休農地を活用

 同団体は2016年に遊休農地の解消をめざして結成。小池さんが活動場所を検討していたところ、上地区で農業の活性化に取り組む和田ローズガーデン園主の和田稔さん(67)と知り合い、柳川で活動を始めた。

 上地区では住民の高齢化による遊休農地化が進んでおり、同団体ではそうした土地を借り受け、田んぼから開始。昨年は畑も始め、サツマイモの収穫も行ったほか、農道の整備、地元行事への参加など、遊休農地の解消だけでなく地域貢献活動も行ってきた。今回の八重桜ジョイント栽培も遊休農地を活用。鹿などに芽を食べられないよう電気柵なども設けた。

「農家の一助に」

 1月26日に行われた植樹祭では、雪がちらつくなか、同団体のメンバーや一般参加者が支柱を基準に穴を掘り、2mほどの苗木を植えていった。今後は、3月下旬に同センターのサポートのもと、メンバーが接ぎ木や下草刈り、剪定をして、ジョイント栽培の経過を確認していくという。

 「3年目くらいから花がつき、実際に収穫ができるようになるのは4年くらい。時間がかかる活動ですが、これによって収穫もしやすくなる。栽培方法が広まれば、農家の助けになるのでは」と小池さん。地元農家として一緒に活動してきた和田さんも「若い力が入ることで昔のような豊かな景観に戻ってきた。住民も歓迎している」と話す。小池さんは「地元の協力があるからできること」と言い、「八重桜も段階的に本数を増やしていきたい」と抱負を語った。

秦野版のトップニュース最新6

小規模特認校スタート

上小学校

小規模特認校スタート 教育

初年度は6人が制度利用

3月27日号

秦野初の真打が誕生

春風亭一左さん

秦野初の真打が誕生 文化

ふるさと大使にも就任

3月27日号

「曽屋水道記念公園」に

旧曽屋配水場

「曽屋水道記念公園」に 文化

130周年機に呼称変更

3月20日号

薬師如来 県重要文化財に

東光寺

薬師如来 県重要文化財に 文化

貴重な「一日造立仏」と判断

3月20日号

公共施設の休止拡大

秦野市

公共施設の休止拡大 社会

管内の患者発生発表受け

3月13日号

子どもたちで休校対策

渋沢

子どもたちで休校対策 社会

地域貢献など自主的に活動

3月13日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 3月20日0:00更新

  • 2月14日0:00更新

  • 2月7日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「備長釉」の陶器展示

「備長釉」の陶器展示

香窯陶芸工房 春の作品展

3月29日~4月19日

秦野版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年3月27日号

お問い合わせ

外部リンク