秦野版 掲載号:2020年4月3日号 エリアトップへ

最年長で弁理士試験に合格した 土井 隆さん 北矢名在住 77歳

掲載号:2020年4月3日号

  • LINE
  • hatena

知識活かして社会貢献

 ○…特許権や実用新案権、意匠権、商標権など、知的財産を取得したい人のために代理として特許庁へ手続きを行う弁理士。最難関のひとつともいわれるこの国家資格を取得する試験に、最年長で合格を果たした。

 ○…東京大学卒業後、1965年に日立製作所に入社。技術者として、情報を記録・蓄積し、必要な時に引き出すための装置であるハードディスクなど「ストレージ」の開発に携わってきた。60歳で定年退職後数年を経たのち、特許庁で先端技術調査員として、出願された技術などに関して調べる仕事に従事した。定年の70歳を機に「これまでの知識を活かして、特許の出願を手伝いすることで社会に貢献したい」との一念で資格取得に挑戦した。「年を重ねても記憶能力は衰えません。でも必要な記憶を引っ張り出してすぐに言葉にする力は落ちてきます」と試験勉強を振り返って、苦笑する。

 ○…父親の仕事の関係で北海道から九州まで、子どもの時から全国を転々と渡り歩く生活が続いた。「出身っていうと、九州の大牟田かな?」と笑顔で話す。職場で出会った夫人と結婚。安住の地を探し求め「高い場所が好きだったので、気に入ったんです」と小高い丘に居を構えた。「都会が便利では」と思い立ち、秦野の家を残したまま一時横浜に移り住んでみたものの、「ここが暮らしやすいとあらためて感じた」と戻ってきた。

 ○…裏山への散策が健康の秘訣。「有酸素運動が記憶に良いって思って。リフレッシュになります」と楽し気な表情。趣味は囲碁。「今はインターネットで対戦するのが楽しみ」と元気に話すその笑顔から、これからもますます充実した人生が続いていきそうな雰囲気を感じた。

秦野版の人物風土記最新6

松本 亮三さん

文化財保護強調週間に特別公開を行うはだの大日堂保存会の会長を務める

松本 亮三さん

東海大学名誉教授 68歳

10月23日号

片野 靖山(せいざん)さん(本名:靖さん)

秦野市文化団体協議会の会長を務める

片野 靖山(せいざん)さん(本名:靖さん)

桜町在住 89歳

10月16日号

小桧山(こひやま) 茂雄さん

秦野茶を使ったクラフトビール「HANOCHA」のプロジェクトリーダーを務める

小桧山(こひやま) 茂雄さん

西田原在住 44歳

10月9日号

竹田 茂さん

9月3日付で秦野警察署長に就任した

竹田 茂さん

秦野市在住 58歳

10月2日号

佐藤 直樹さん

秦野市教育長に就任した

佐藤 直樹さん

二宮町在住 57歳

9月25日号

内田 賢司さん

9月1日付で秦野市副市長に就任した

内田 賢司さん

曽屋在住 69歳

9月18日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月23日0:00更新

  • 10月16日0:00更新

  • 10月9日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

貴重な文化財特別公開

はだの大日堂保存会

貴重な文化財特別公開

11月1日~11月3日

秦野版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

秦野版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年10月23日号

お問い合わせ

外部リンク