秦野版 掲載号:2020年4月17日号 エリアトップへ

堀山下東自治会 手作りマスクを高齢者へ 地域福祉員らが百枚作製

社会

掲載号:2020年4月17日号

  • LINE
  • hatena
マスクを手にする高橋会長(前列右から2人目)と地域福祉員メンバー
マスクを手にする高橋会長(前列右から2人目)と地域福祉員メンバー

 新型コロナウイルス感染症拡大の影響でマスク不足が深刻化する中、堀山下東自治会(高橋要造会長)の地域福祉員らが自治会内の高齢者や一人暮らしで外出もままならない人のためにマスクを手作りし届けるという。

 手作りマスク作製のきっかけは、同自治会の地域福祉員で連絡員を務める古谷由紀子さんが、高齢者や一人暮らしの人はマスクを買うことがななかできないことを憂いて発案した。

 4月11日には堀山下地区の下関、上関、東の3自治会が利用している関自治会館に高橋会長や地域福祉員の女性ら12人が集まり、古谷さんの指導で手作りマスクを作製。マスクは最終的に100枚つくり、民生委員を通じて高齢者などに配られるという。

マスク本体は古谷さんが作製

 マスクはもともと古谷さんが自宅で本体をつくった。古谷さんの自宅にはけがをしたときに用意した3反のさらしが残されていた。このさらしを古谷さんが一人で裁断し、ミシン掛けをしたという。鼻が当たる部分には、小さく切ったキッチン用のスポンジとラッピングなどに使う針金でできた留め具が入れられている。大きさは昔の布マスクより一回り大きくした。

 窓を開け換気された自治会館に集まった地域福祉員たちは、古谷さんのつくったマスクの両端にゴム通しを使って3mm幅のゴム紐をつけ完成させた。出来上がったマスクは除菌・消毒をして次々とビニール袋に詰められていった。

 同自治会の高橋会長は「マスクが手に入らない高齢者や足の不自由な人にぜひ使ってもらえれば。要望があればまたつくりたい」と話した。

マスクの説明をする古谷さん(左)
マスクの説明をする古谷さん(左)
完成した手作りマスク
完成した手作りマスク

秦野版のトップニュース最新6

メインガーデン手掛ける

(株)恵庭今井浩さん

メインガーデン手掛ける 文化

横浜のローズフェアで

5月7日号

「母の日」前に出荷ピーク

「母の日」前に出荷ピーク 社会

市内のカーネーション農家

5月7日号

卒業生が横断幕制作

南が丘小40周年

卒業生が横断幕制作 社会

後輩に引き継ぐ思い形に

4月30日号

4月30日に5万円支給

4月30日に5万円支給 社会

秦野市 子育て給付金

4月30日号

学びのプロジェクト始動

秦野市

学びのプロジェクト始動 教育

埼玉県教委と協定結び

4月23日号

窓口独立し本格稼働

地域共生支援センター

窓口独立し本格稼働 政治

保健福祉センター内に開所

4月23日号

中国料理「東光苑」

コロナに負けるなチャレンジメニュー!肉野菜あんかけ焼きそばメガ盛り完食で無料

https://www.grandhotel-kanachu.co.jp/tokoen/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月23日0:00更新

  • 4月16日0:00更新

  • 4月9日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

研ぎ出し技法の作品展

丹沢美術館

研ぎ出し技法の作品展

5月9日まで開催

5月6日~5月16日

秦野版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年5月7日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter