秦野版 掲載号:2020年4月24日号 エリアトップへ

秦野市 J:COMと災害時協定 新たな情報発信の手段に

社会

掲載号:2020年4月24日号

  • LINE
  • hatena
締結式の様子
締結式の様子

 秦野市が4月10日、新たな情報発信手段を確保するための災害時協定を、ケーブルテレビ局「株式会社ジェイコム湘南・神奈川」(國分孝夫代表取締役社長)と締結した。市が防災行政無線で発信する緊急情報などを同社の端末を通し自宅で聞くことができる取り組みで、5月1日からの配信を予定している。

 同協定は大地震や大型台風、豪雨など緊急時の情報伝達を強化するためのもの。ジェイコムからの同社端末と市の防災行政無線の連動が可能という申し入れと、情報発信の多様化を模索していた市側の目的が合致し、締結に至った。

 屋外スピーカーの防災行政無線では、激しい風雨の音や住宅の高気密化・高層化などの要因で聞き取りづらい場合がある。市ではこれまでもテレホンサービスや緊急情報メールなどで対策を講じており、今協定も住宅内で情報を受け取ることができる手段の一つとなる。

 市と同社秦野・伊勢原局では、2012年に災害時の情報発信に関する協定を結んでいるが、これは市の要請に応じて同局が番組内に情報を流すものだった。今協定では市が直接、防災行政無線と同じ情報をジェイコムの専用端末に流すことができるようになる。

 締結式には秦野・伊勢原局の矢端雅子局長が出席し、高橋昌和市長と協定書を取り交わした。秦野市の防災行政無線と連動させるための工事はすでに終わり、サービスは5月1日から開始を予定。新規のジェイコム契約者はすでに新しい端末に切り替わっており、既存契約者で古い型の端末を使用している人へは、順次切り替えの案内を送るという。

連動する端末
連動する端末

秦野版のトップニュース最新6

待機児童数が4人に減少

待機児童数が4人に減少 社会

解消に向けて施設整備の計画も

6月18日号

鳥獣被害にドローンが一役

鳥獣被害にドローンが一役 社会

「空の目」からの対策で効果

6月18日号

町工場の技術に大賞

町工場の技術に大賞 経済

五洋工業ら5社 魔法の鉄板フライパン開発

6月11日号

要注意4カ所を改善

秦野市内バス停

要注意4カ所を改善 社会

国土交通省調査結果でB判定

6月11日号

中学校給食関連など上程

秦野市

中学校給食関連など上程 社会

6月議会で12議案他審議

6月4日号

たばこ祭と市民の日中止

たばこ祭と市民の日中止 社会

コロナ影響で2年続けて

6月4日号

あっとほーむデスク

  • 6月18日0:00更新

  • 6月11日0:00更新

  • 5月28日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

極楽寺でコンサート

極楽寺でコンサート

地域や芸術、寺など繫ぐ

6月27日~6月27日

秦野版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 第3回「ビバ渋沢栄一!」

    NHK大河ドラマ「青天を衝け」主人公 渋沢栄一が遺したもの 連載寄稿

    第3回「ビバ渋沢栄一!」

    エッセイスト・加藤正孝(鶴巻)

    6月11日号

秦野版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年6月18日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter