秦野版 掲載号:2020年6月12日号 エリアトップへ

5月16日付で秦野市スポーツ協会副会長に就任した 石井 隆士さん 弥生町在住 65歳

掲載号:2020年6月12日号

  • LINE
  • hatena

中距離界のレジェンド

 ○…1500m走で1977年に出した日本記録3分38秒24は、2004年までの27年間破られなかった中距離界のレジェンドだ。2017年から秦野市スポーツ協会評議員を務めて、副会長に就任。「今後はさらに子どもたちの成績を伸ばしていけるよう指導者を増やすことに力を入れていきたい」と意気込む。

 ○…西小・中出身。小3〜6年の間、校内マラソンではずっと1番。「父親と家の近辺を走っていたから、速かったのかな」。その父を小学生の時に亡くし、中学の担任に支えられたことが人生の道を決めた。秦野高、日本体育大と進み、秦高の保健体育教諭に。11年務め、日体大に移り現在も教授と陸上部顧問を務めている。休みはほとんどないが「大学生の若さから元気をもらっている」とにっこり。

 ○…1番印象に残っているのは、大学4年時に出場した第53回箱根駅伝。1区を走りスタートから独走。そのまま日体大が他校に並ばれることなく1位をキープし続け優勝を果たした。「日本記録を出した世界大会も印象深いが順位は5位。駅伝では順位も記録も1位でより記憶に残りました」と目を細める。

 ○…「練習量と質は1番」という自負が首位を守り続ける強さとなった。やりがいにつながったのは、陸上が好きなことに加え母の言葉も大きい。「苦しい生活の中でも成績を残すことで元気をもらえていると言ってくれた。それがエネルギーになっていた」

 ○…妻も3人の子どもも陸上競技者で「家族であり教え子」と笑う。夢は教え子をオリンピックに出すこと。自身はモスクワ五輪のタイミング等で出場が叶わなかった。「これまでの恩返しをしていきたい」と熱い眼差し。今後も陸上人生を駆けていく。

秦野版の人物風土記最新6

宮嵜  陸朗(みやさき ろくろう)さん

公益社団法人秦野市シルバー人材センターの理事長に就任した

宮嵜 陸朗(みやさき ろくろう)さん

南が丘在住 75歳

7月10日号

草間 時彦さん

(公社)神奈川県宅地建物取引業協会の第11代会長に就任した

草間 時彦さん

横須賀市在住 62歳

7月3日号

内海 啓貴(あきよし)さん

tvk番組「猫のひたいほどワイド」の木曜レギュラーとして「猫の手も借り隊」レッドを務める

内海 啓貴(あきよし)さん

秦野市出身 25歳

6月26日号

添田 直さん

6月1日付で県宅地建物取引業協会湘南中支部の支部長に就任した

添田 直さん

(株)添田土地 代表取締役 52歳

6月19日号

石井 隆士さん

5月16日付で秦野市スポーツ協会副会長に就任した

石井 隆士さん

弥生町在住 65歳

6月12日号

ジェントルゆうすけさん(本名:椎野祐介)

有志団体ココハダ(ここから秦野)の代表を務める

ジェントルゆうすけさん(本名:椎野祐介)

立野台在住 37歳

6月5日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月3日0:00更新

  • 6月26日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年7月10日号

お問い合わせ

外部リンク