秦野版 掲載号:2020年11月13日号 エリアトップへ

合田雅吏(ごうだまさし)さん 5人目のふるさと大使に 秦野名水の動画案内役も

政治

掲載号:2020年11月13日号

  • LINE
  • hatena
高橋市長から任命書を受け取る合田さん(右)
高橋市長から任命書を受け取る合田さん(右)

 秦野市は、11月3日付で秦野市出身の俳優の合田雅吏さん(50)を「はだのふるさと大使」に任命した。まちの魅力を発信し、イメージアップを図ることを目的に実施しているもので、合田さんで5人目となる。

 合田さんは1970年生まれ。秦野市立東小学校、東中学校を卒業し、学生時代から男性ファッション誌「メンズノンノ」などのモデルとして活躍した。1995年に特撮テレビドラマ「超力戦隊オーレンジャー」でオーブルー役として俳優デビュー。2003年から2010年まではテレビドラマ「水戸黄門」に5代目・格さん役で出演し、2019年に公開された映画「二宮金次郎」では主演を務めた。

 11月8日には、合田さんの出身である東地区の「緑水庵」で任命書授与式が行われ、高橋昌和市長から秦野産檜の任命書、名刺、記念品である秦野市の特産品詰め合わせを受け取った。

 合田さんは大使就任を記念し、市内の名水スポット等を紹介する動画のナビゲーターとして出演することも決定しており、この日の午前中にロケが行われた。半日、市内の名水スポットを巡った合田さんは、「改めて水のおいしさにびっくりしました。この水で育ったのでこれが当たり前だと思っていましたが、大学の時に秦野を離れ、水道水の味の違いを感じた。ぜひ、みなさんにこの美味しさは飲んでいただきたい」と話した。また、大使就任に際し、式典では「これから秦野の良い所、美味しいものなどアピールしていきたい。水が日本一だということは知っていますが、知らないことも多いので、秦野の素晴らしいところをみなさんに教えていただき、体験し、自分の言葉で全国、全世界にアピールしていきたい」と抱負を述べた。

 合田さんが案内役を務める「名水の里 秦野」の紹介動画とレポート記事は秦野市のWEB特設ページ「秦野山旅」(地域イベント情報サイトRareA内)https://rarea.events/summary/hadano-yamatabiで12月上旬に公開予定。

秦野版のトップニュース最新6

溶接のテーマパーク誕生

株式会社コイズミ

溶接のテーマパーク誕生 経済

職人が指導、誰でも利用可

5月14日号

総額1.8億円を還元

総額1.8億円を還元 政治

秦野市 クーポン券事業17日から

5月14日号

メインガーデン手掛ける

(株)恵庭今井浩さん

メインガーデン手掛ける 文化

横浜のローズフェアで

5月7日号

「母の日」前に出荷ピーク

「母の日」前に出荷ピーク 社会

市内のカーネーション農家

5月7日号

卒業生が横断幕制作

南が丘小40周年

卒業生が横断幕制作 社会

後輩に引き継ぐ思い形に

4月30日号

4月30日に5万円支給

4月30日に5万円支給 社会

秦野市 子育て給付金

4月30日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月23日0:00更新

  • 4月16日0:00更新

  • 4月9日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 第2回「ビバ渋沢栄一!」

    NHK大河ドラマ「青天を衝け」主人公 渋沢栄一が遺したもの 連載寄稿

    第2回「ビバ渋沢栄一!」

    エッセイスト・加藤正孝(鶴巻)

    5月14日号

秦野版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年5月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter