秦野版 掲載号:2020年11月20日号 エリアトップへ

保健福祉事務所 移転へ 耐震診断の結果受け

社会

掲載号:2020年11月20日号

  • LINE
  • hatena
国道246号沿いにある現在の施設
国道246号沿いにある現在の施設

 平塚保健福祉事務所秦野センター(秦野市曽屋2の9の9)が、老朽化を理由に移転・建て替えされる計画が持ち上がっている。今後候補地を選定して、移転計画を進めるという。

 国道246号沿いの同センターは、1969年に建設された。建設から50年以上が経過し、老朽化が進んでいる。

 これまで修繕などを行ってきたものの、建築基準法の耐震基準が改正される前の建物であることもあり、県は2018年に耐震診断を実施。その結果、同建物の耐震性が不十分であることが明らかになった。同建物に関して震度6強から震度7程度の地震が発生した場合、倒壊の危険性が高いと指摘されたという。加えて近年の調査で、同建物がある敷地内に活断層が通っていることも判明している。

市民ら利用者の安全性確保に課題

 同センターは県の施設で、地域保健の広域的・専門的拠点として、保健や医療・福祉分野に関する情報提供や、秦野市との連携推進、支援を行っている。また医療法、生活保護法、薬事法、食品衛生法などの法令に基づき、各種の届け出や申請を行う。その他各種健康相談、障害者や母子家庭等の福祉に係る相談ほかの業務を行っている。最も多い年では、年間約1万2000人の市民らが同施設を訪れたという。

神倉県議の質問に黒岩知事が答弁

 2020年第3回神奈川県議会の一般質問では、秦野市選出の神倉寛明県議が、同施設を利用する市民や事業者らの安全性の確保などの点から、同センターの今後の方向性について質問した。これに対して黒岩祐治知事は、「できるだけ速やかに移転・建て替えが必要であると認識している」と言及した。あわせて「近いうちに近隣に新たな移転先を決定していく」と答弁した。

 県によると、いくつか候補地は上がっているものの、現状移転先は決定していないという。また、具体的な移転の計画やスケジュールは現段階では未定としている。

秦野版のトップニュース最新6

救急出動が年間約700件減

救急出動が年間約700件減 社会

新型コロナの影響か

1月15日号

施設利用の時間等制限

秦野市

施設利用の時間等制限 政治

緊急事態宣言で対応

1月15日号

オンライン配信に変更

新成人のつどい

オンライン配信に変更 文化

新型コロナ拡大を受け

1月8日号

chicca mesh開発

極東窒化研究所

chicca mesh開発 経済

工業技術を一般消費者へ

1月8日号

牛と共に生きる

初夢インタビュー

牛と共に生きる 社会

牧場経営を目指す小川翔吾さん

1月1日号

命と暮らしを最優先に

命と暮らしを最優先に 社会

新春インタビュー 高橋昌和市長に聞く

1月1日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 12月11日0:00更新

  • 11月27日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

草や木の実で遊ぼう

草や木の実で遊ぼう

くずはの家で観察会

1月23日~1月23日

秦野版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク