秦野版 掲載号:2021年4月9日号 エリアトップへ

3月定例会 議会報告 破壊から再生の公共事業 秦野市議会議員 伊藤 大輔

掲載号:2021年4月9日号

  • LINE
  • hatena

 「企業誘致派」と「環境破壊反対派」。戸川土地区画整理事業は、この二つの対立軸で語られている。私はこれまで環境面からの反対意見をあえて避けてきた。賛成派の人に「この事業は経済政策としても間違いである」と証明してきた。

 民間の設備投資はバブル期の1/4。仮に2億円の税収増と言っても、交付税交付団体である本市の実質的歳入は約6千万円。しかも、その税は課税免除で4年間入って来ない。バブル期とは文脈が違うのに、いつまでも昔と同じやり方で、都市間競争の激しい分野に、46億円もの市税を使って、歳入の減ったこのコロナ期に、わざわざ飛び込んでいく必要がどこにあるのか?

 しかし、矢坪沢の整備に関しては、これまでの賛成・反対の立場は忘れ現実的な妥協点を探るところ。行政側は、災害強化を整備目的としているが、そもそも住民の意向は、災害に強いだけではなく、自然をなるべく残すような他の整備工法はないのかということ。

 (樹木は最大限残すという前提で)写真をご覧ください。

質問 今の時代に合った整備工法はどちらか?

市長 無回答

質問 秦野市の都市像「水とみどりに育まれ誰もが輝く暮らしよい都市」に合った整備工法はどちらか?

市長 無回答

 自然法面からの土砂流失防止のためにコンクリートの護岸整備になってしまうのはなぜか?法面を緩やかにして、土の法面をなるべく残す。測量の結果次第においては二段タイプの法面を検討するなど、他の整備工法もあるはずだ。秦野SA周辺の土地利用構想を考える時、市長は「イメージアップのため」と発言しているが果たして、都心の人が秦野に人工物を求めて来るのか?丹沢の山々の稜線が見える「里山の原風景」こそが我々の最大の資源である。

 昔は子どもが入り遊べた矢坪沢だが、徐々に浸食し深く掘れて、樹木は放置され、今の荒れた矢坪沢がある。それを昔の状態にただ戻してやる「破壊から再生の公共事業」が新しいあり方であると考える。

現在行政が計画している「環境に配慮した?」整備工法
現在行政が計画している「環境に配慮した?」整備工法
必要な箇所にだけコンクリートを使用し、自然をなるべく残した工法
必要な箇所にだけコンクリートを使用し、自然をなるべく残した工法

伊藤大輔

秦野市今川町2-15-404

TEL:0463-67-7673

https://respecto-hadano.wixsite.com/home

秦野版の意見広告・議会報告最新6

第4弾  不適切な土砂等の処理の是正と不適切な行政運営の刷新を

第2回6月定例会 一般質問 議会報告

第4弾  不適切な土砂等の処理の是正と不適切な行政運営の刷新を

市議会議員  古木勝久(3期目)

7月9日号

少人数学級について

6月定例会 議会報告

少人数学級について

秦野市議会議員 無所属 伊藤大輔

7月9日号

3度目の緊急事態宣言で思うこと

3度目の緊急事態宣言で思うこと

なんつッ亭大将 古谷一郎

5月14日号

自民党・新政クラブ議会報告

秦野市議会会派

自民党・新政クラブ議会報告

多様な市民の声をしっかり市政に届けていきます。

4月30日号

令和3年度当初予算が成立‼

新型コロナ対応と経済の維持に重点を置き 県議会報告㉖

令和3年度当初予算が成立‼

神奈川県議会議員 神倉ひろあき

4月30日号

市の役割として、保育の質のガイドラインを令和元年台風19号の災害対応の検証を

第1回3月定例会 一般質問 議会報告

市の役割として、保育の質のガイドラインを令和元年台風19号の災害対応の検証を

市議会議員  古木勝久(3期目)

4月16日号

あっとほーむデスク

  • 7月16日0:00更新

  • 7月2日0:00更新

  • 6月18日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年7月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter