秦野版 掲載号:2021年5月28日号 エリアトップへ

味乃大久保 秦野産の間伐材を活用 売上の一部みどり基金へ

社会

掲載号:2021年5月28日号

  • LINE
  • hatena
パーテーションの足を秦野産の木材で手作り
パーテーションの足を秦野産の木材で手作り

 市内飲食店「味乃大久保」(秦野市菩提147の5)が、秦野産材の間伐材を使ったパーテーションの足を手作りし、事業者向けに販売を行っている。里山保全のための活動で、売上の一部は秦野市みどり基金に寄付される。

 製作のきっかけは、コロナ禍で長らく店に設置している飛沫防止のためのパーテーション。これまでは既製品を使っていたが、「全てプラスチックは味気ない」と足を木製に取り替えられないかと考えた。

 知人に相談したところ秦野産の間伐材が手に入ることを知り、「せっかく作るなら地元のものを無駄なく使い、里山の保全にもつなげようと」と同間伐材を入手。里山ふれあいセンターを活用し、2人で加工作業を行った。

 足は2mmと3mmの厚さのパーテーションに対応。1組(2個セット)で税込660円、5組で税込3千円、10組で5500円で販売し、市内なら無料で配達してくれるという。1組売れるごとに、100円が秦野市みどり基金に寄付される。

 「長く使っているので、足が折れてしまうという話も聞いています。これも捨ててしまうのはもったいないので、温かみのある足に取り替えて再利用して欲しい。秦野らしい取り組みとして、市内に広がってくれたら」と店主の小野瀬幸弘さんは話している。

 購入希望者は同店【電話】0463・75・2522へ。

環境に配慮した取組み

 味乃大久保では、「かながわプラごみゼロ宣言」協賛企業等に登録し、プラスチックストローの「草ストロー」への切り替えや、紙素材のテイクアウト容器導入、エコバッグの推奨などプラスチックごみ削減に力を入れている。

 また、これ以外にも食材を余すことなく活用することによるフードロスの削減、紙ごみなど資源物の分別徹底、使い捨ての割箸をやめ繰り返し使えるプラスチック箸に取り替えるなど、「自身の店からできる環境への配慮」を行った店舗経営を行っている。

秦野版のローカルニュース最新6

救助活動を市長に報告

市消防職員

救助活動を市長に報告 社会

熱海土石流 緊急消防援助隊

7月23日号

おおね油絵サークル展

おおね油絵サークル展 文化

市民ギャラリーで

7月23日号

パラ通して多様性を考える

パラ通して多様性を考える スポーツ

8月14日に聖火フェス

7月23日号

すとりーとらいぶ

すとりーとらいぶ 文化

寺山の石庄庵で

7月23日号

14年間児童の安全見守る

14年間児童の安全見守る 社会

菖蒲在住 竹田弘さん

7月23日号

ワクチン接種状況

あっとほーむデスク

  • 7月16日0:00更新

  • 7月2日0:00更新

  • 6月18日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年7月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter