秦野版 掲載号:2021年6月4日号 エリアトップへ

たばこ祭と市民の日中止 コロナ影響で2年続けて

社会

掲載号:2021年6月4日号

  • LINE
  • hatena
昨年度たばこ祭のメモリアル打上花火の様子(秦野市提供)
昨年度たばこ祭のメモリアル打上花火の様子(秦野市提供)

 秦野市は5月31日の記者会見で、今年度の「第74回秦野たばこ祭」と「第42回秦野市市民の日」の開催を中止すると発表した。これは昨年度に続き、新型コロナ感染症の感染リスク回避が難しく、安全・安心に開催することができないと判断したため。

 「秦野たばこ祭」は今年は9月25日と26日に開催を予定していた。秦野市の一大イベントであり、直近開催の2019年度には34万9000人の来場者が訪れていた。

 昨年も新型コロナの影響で例年の9月開催から11月開催に延期を予定していたものの、感染拡大が懸念され中止に。代替事業として「顔晴(がんば)ろう!秦野メモリアル打上花火」や秦野たばこ及び歴史資料展、中学校美術部共同制作及び作品展示、まほろば大橋イルミネーションを行った。今年も同様の代替事業の実施を考えているという。

打上花火9月を予定

 昨年は各代替事業を11月に行っており、メモリアル打上花火も同様に昨年11月3日に実施。その様子は秦野市の公式ユーチューブチャンネル「はだのモーピク」でライブ配信された。高橋昌和市長は「3密を避けて多くの方に見ていただきたいと実施した。市民の皆様から大変良かったと多くの反響をいただきました。たばこ祭は9月の風物詩として浸透しているので、今年はこの時期に打ち上げたいと思う」と話した。

 日時や場所等、詳細はこれから同実行委員会が調整するが、昨年同様に人が集まらないよう周知をしていくとしている。また、他にも感染対策した上で実施できる事業を引き続き検討していくという。

市民の日は動画で

 「秦野市市民の日」は毎年11月3日に、私の個店やステージパフォーマンスショー、消防パレード、大抽選会などが行われ、毎年多くの来場者が訪れている。2019年度開催の来場者は13万人だった。

 昨年も新型コロナの影響で実施ができず、代替事業として第1回〜40回開催時のイベントの画像をホームページ上で掲載。インターネット上で市民の日を楽しんでもらえるようにした。

 今年は新たな試みとしてステージパフォーマンスショーの動画配信を企画。動画の募集方法や配信先などはこれから検討予定。また、過去の様子をパネルにした企画展なども予定しており、今年も密を避けた形で代替事業を行っていく。

過去開催の市民の日。多くの来場者で賑わった
過去開催の市民の日。多くの来場者で賑わった

秦野版のトップニュース最新6

秦野産ジビエ 流通へ

秦野産ジビエ 流通へ 経済

ブランド化で観光資源に

7月30日号

大倉高原山の家解体へ

秦野市

大倉高原山の家解体へ 社会

トイレ設置等再整備計画

7月30日号

愛称「はだのっ子キッチン」に

給食センター

愛称「はだのっ子キッチン」に 社会

市内中学生から募集

7月23日号

女性初のふるさと大使に

野球選手加藤優さん

女性初のふるさと大使に 政治

通算6人目、23日に就任

7月23日号

音楽通じて五輪身近に

本町公民館

音楽通じて五輪身近に 文化

歴代開催国の曲を演奏

7月16日号

シャッターで街を面白く

シャッターで街を面白く 社会

第1弾が7月中に完成予定

7月16日号

あっとほーむデスク

  • 7月16日0:00更新

  • 7月2日0:00更新

  • 6月18日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年7月30日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter