秦野版 掲載号:2021年7月16日号 エリアトップへ

シャッターで街を面白く 第1弾が7月中に完成予定

社会

掲載号:2021年7月16日号

  • LINE
  • hatena
制作中のシャッターと(左から)小澤さん、カドワキさん、小桧山さん
制作中のシャッターと(左から)小澤さん、カドワキさん、小桧山さん

 上宿通りにある店舗で”閉まっているのに開いている”ような一風変わったシャッターが完成しつつある。この取り組みは「シャッタープロジェクト・はだの」と名付けられ、第1弾が7月中に完成する見込みだ。

 仕掛け人は旅の絵師しろひげ・カドワキノブオさん。「もともとは大きなビルの壁面がさびしいから、そこに絵を描いたら『こんなところに面白いものがある!』というものになるんじゃないかと思った」と話す。この案をハダノ浪漫食堂(秦野市栄町1の13)の店主・小桧山茂雄さんをはじめ仲間に話したところ「面白そう」と盛り上がり、実現に向けて動き出した。壁面への制作は費用負担も大きいため、まずはシャッターでやってみようと小桧山さんが同店を提供。2人と仲の良い小澤智子さんがマネージャーを務め、現在は3人で進めている。描くものもシャッターならではのユーモアを追求。テーマを「閉まっていても開いている店」にした。

 5月10日、シャッターを巻き上げる時に絵がはげたり、また金属が錆びたりしないように同店のロゴを試し描きしたカドワキさん。問題がなかったため、6月2日から本格的な作業に入った。店の定休日を利用し、水性ペンキで描くのは店の入口や装飾、床など。店が開いている姿をそのまま絵にしているほか、店内には人の姿も。その中には3人も描かれている。小澤さんは「SNSで発信を始めてから反響もいただいています」と話す。制作の様子はカドワキさんのYouTubeチャンネルにも投稿されている。

 「プロジェクトと言っていますが、焦らずまちの盛り上がりを作っていけたら。描いて欲しい人、描きたい人がつながり、広がっていけば面白いと思います」と小澤さん。同プロジェクトに関する問い合わせはYouTubeのコメント欄か小澤さんのメール【メール】maple.maple.65480226@gmail.comへ。

水性ペンキで描いていくカドワキさん
水性ペンキで描いていくカドワキさん
カドワキさんのYouTubeは上の二次元コードから
カドワキさんのYouTubeは上の二次元コードから

秦野版のトップニュース最新6

秦野産ジビエ 流通へ

秦野産ジビエ 流通へ 経済

ブランド化で観光資源に

7月30日号

大倉高原山の家解体へ

秦野市

大倉高原山の家解体へ 社会

トイレ設置等再整備計画

7月30日号

愛称「はだのっ子キッチン」に

給食センター

愛称「はだのっ子キッチン」に 社会

市内中学生から募集

7月23日号

女性初のふるさと大使に

野球選手加藤優さん

女性初のふるさと大使に 政治

通算6人目、23日に就任

7月23日号

音楽通じて五輪身近に

本町公民館

音楽通じて五輪身近に 文化

歴代開催国の曲を演奏

7月16日号

シャッターで街を面白く

シャッターで街を面白く 社会

第1弾が7月中に完成予定

7月16日号

あっとほーむデスク

  • 7月16日0:00更新

  • 7月2日0:00更新

  • 6月18日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年7月30日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter