秦野版 掲載号:2021年9月17日号 エリアトップへ

小学生から大学生までの陸上クラブ「HappinessAC」の代表を務める 古藤(ことう) 涼平さん 南矢名在住 31歳

掲載号:2021年9月17日号

  • LINE
  • hatena

陸上で子どもを笑顔に

 ○…記録が伸びる喜びや、陸上の楽しさを子どもたちに感じて欲しいとクラブを創設。名称には「子どもたちが幸せを感じる場所にしたい」という気持ちを込めた。「得意な子も苦手な子も、それぞれが目標を達成して自信をつけられる、笑顔の絶えないチームにしたい」と熱を込める。

 ○…秦野市生まれ。小学4年の時に友人と少年野球チームに入部。中学校でも野球部で汗を流した。「練習はきつかったが、打順が良くなると嬉しいし、メンバーとプレーする時間が何より楽しかった」。高校では陸上部へ。「走りには自信があったけれど、みんなめちゃくちゃ速くて。初めて世界は広いと感じた」と笑う。野球経験を生かし、やり投げの選手になった。選手生活でけがに泣いた経験と、プロ野球中継で選手をケアするスポーツトレーナーの姿に感銘を受けたことで、トレーナーを志した。専門学校卒業後はスポーツクラブで働きながら知識や技術を磨いた。

 ○…母校の後輩から「専門的な指導を受けたい」と相談されて2013年、高校生向けにハピネスACを立ち上げた。指導の中で「高校生活の短い時間では理想的な体の動きを身につけられない」と、15年に小学生以上を対象に地元・秦野でも結成。17年には初の全国大会出場者を輩出。「みんな笑顔で喜んで。めちゃくちゃ嬉しかった」と振り返る。

 ○…デイサービス「健康ぷらす鶴巻」でリハビリ指導も行っていて、利用者のためにと始めた折り紙が趣味に。「くす玉は千個位作ってプレゼントした」と笑う。最近は「ジュニア期にマルチなスポーツ経験が必要」とサッカーやバルシューレなど幅広く経験できる環境づくりにも力を注ぐ。より良い指導法を求めて東奔西走する毎日だ。

生活介護事業所 はみんぐ

県内初!運動療法を取り入れた障害者生活介護

https://www.hatanohp.or.jp/

<PR>

秦野版の人物風土記最新6

守屋 真一さん

秦野市内の魅力を再発見するイベントを企画している

守屋 真一さん

柳川出身 31歳

10月22日号

今井 しょうこさん

『マンガでわかる考古遺跡発掘ワーク・マニュアル』を出版した

今井 しょうこさん

平沢在住 48歳

10月15日号

二上 貴夫(ふたかみ きふう)さん

秦野市俳句協会の第12代会長を務める

二上 貴夫(ふたかみ きふう)さん

千村在住 73歳

10月8日号

村上 志津子さん

秦野市レクリエーション協会の会長を務める

村上 志津子さん

堀山下在住 70歳

10月1日号

小菅 基司(もとし)さん

秦野市議会第66代議長に就任した

小菅 基司(もとし)さん

春日町在住 56歳

9月24日号

古藤(ことう) 涼平さん

小学生から大学生までの陸上クラブ「HappinessAC」の代表を務める

古藤(ことう) 涼平さん

南矢名在住 31歳

9月17日号

意見広告・議会報告政治の村

  • 古木勝久(3期目)

    市議会議員9月市議会第3回定例会 一般質問

    古木勝久(3期目)

    環境都市常任委員会委員

    10月22日号

あっとほーむデスク

  • 10月8日0:00更新

  • 8月6日0:00更新 社会

  • 7月16日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

森林セラピー×スケッチ

森林セラピー×スケッチ

新企画の参加者募集

11月21日~11月21日

秦野版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

秦野版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook