秦野版 掲載号:2021年10月1日号 エリアトップへ

【連載】 かながわSDGsパートナーを紹介 株式会社 つかさ(鈴張町)

掲載号:2021年10月1日号

  • LINE
  • hatena

 「SDGs未来都市」「自治体SDGsモデル事業」の両方に選定されている神奈川県。「かながわSDGs」パートナーとは、SDGs先進県”神奈川”が、SDGsに取り組んでいる企業等を登録する制度でこれまでに504社が登録されている。

 秦野市に本社を置く事業所で最初に「かながわSDGsパートナー」に登録されたのが、点心専門店『菖蒲庵』を経営する株式会社つかさ(穐山孝彦会長・齋藤佐和子社長=写真)だ。

 齋藤社長が先代から経営を引き継いだ際に、前から興味のあった環境問題への取り組みをビジネスの中で実践することを決め、プラごみゼロをめざして餃子や焼売の発泡スチロールトレイを紙箱に変更。ごみの仕分けの徹底やエコ洗剤での調理器具等の洗浄、フードロス減少のためのアウトレット販売など、さまざまな工夫を凝らし、SDGsへの取り組みを行っている。

 昨年12月には健康に配慮した無添加商品の開発に着手し『無添加自然流(じねんりゅう)ぎょうざ・しゅうまい』を販売。今年7月からは同商品を気軽に味わってもらおうと自宅用をラインアップに加えたほか、主力商品である冷凍餃子・焼売についてはさらに紙トレーでの簡易包装に切り替えている。「幅も取らないので、冷凍庫に入れやすいとお客様にも好評です」と齋藤社長。今後も工夫を重ねていくという。

秦野版のコラム最新6

親(おや)と子(こ)の論語(ろんご)

本多勝昭(ほんだまさあき)の その7

親(おや)と子(こ)の論語(ろんご)

11月26日号

親(おや)と子(こ)の論語(ろんご)

本多勝昭(ほんだまさあき)の その6

親(おや)と子(こ)の論語(ろんご)

11月19日号

親(おや)と子(こ)の論語(ろんご)

本多勝昭(ほんだまさあき)の その5

親(おや)と子(こ)の論語(ろんご)

10月22日号

第6回「ビバ渋沢栄一!」

NHK大河ドラマ「青天を衝け」主人公 渋沢栄一が遺したもの 連載寄稿

第6回「ビバ渋沢栄一!」

エッセイスト・加藤正孝(鶴巻)

10月22日号

親(おや)と子(こ)の論語(ろんご)

本多勝昭(ほんだまさあき)の その4

親(おや)と子(こ)の論語(ろんご)

10月15日号

親(おや)と子(こ)の論語(ろんご)

本多勝昭(ほんだまさあき)の その3

親(おや)と子(こ)の論語(ろんご)

10月8日号

高橋昌和の4年間

5つの誓いの取り組みと成果 第1回「中学校給食の完全実施」

https://takahashi-m.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月8日0:00更新

  • 8月6日0:00更新 社会

  • 7月16日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

プロに学ぶフォトセミナー

【Web限定記事】

プロに学ぶフォトセミナー

観光協会が参加者募集

12月10日~12月10日

秦野版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

秦野版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年11月26日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook