秦野版 掲載号:2022年4月29日号 エリアトップへ

西田原の片野さん 畑から鏃(やじり)発見 4千〜5千年前と推測

社会

掲載号:2022年4月29日号

  • LINE
  • hatena
鏃を持つ片野さん。大きい鏃はこの畑の角から見つかった
鏃を持つ片野さん。大きい鏃はこの畑の角から見つかった

 秦野市西田原に住む片野善広さん(66)の家の畑から、4千〜5千年前の縄文時代のものと推測される鏃が2つ見つかった。今月5日に、はだの歴史博物館へ鑑定に行き、年代が発覚。大規模工事の発掘調査などで縄文時代の遺跡が発掘されることはあるものの、民家から見つかるのは珍しいという。

 鏃とは矢の先端に付け、突き刺すための利器のこと。片野さんは2019年1月に自宅裏の畑で耕運管理機を使い畑を耕していたところ、青く光る何かを発見。「瓶の欠片かプラスチックかなと拾ったら、きれいな三角形だったので、もしやと思った」と、すぐに水道水で土を洗い流すと、光がきれいに透ける大きな黒曜石の鏃が姿を現した。

 さらに翌年5月には、大きな鏃が見つかった畑とは別の畑の草むしりをしていたところ、小さな黒曜石の鏃を発見。「1つ目が出た時は鏃が刺さった獣がここで息絶えたのかと思ったが、2つ出たから偶然で見つかったのではない」と驚き興奮したと片野さん。

 歴史好きの片野さんは鏃とは分かったものの、知人に話した程度でしばらくは自宅で保管していた。「でもやっぱり気になって、歴史に詳しい知人に見てもらったところ、はだの歴史博物館で見てもらった方が良いと勧められて持っていくことにしたんです」と振り返る。「古いものだと分かりびっくりしました。見つけた鏃の価値が分かりほっとした」と笑顔を浮かべた。

土地の歴史語る重要な遺物

 はだの歴史博物館では「近隣の東小学校からも縄文時代中期から後期頃の遺跡が発見されており、同じ時期のものと考えられます。鏃に使用された石も天然ガラスの黒曜石で、これは縄文時代中期頃に使用された石です」と話す。石は意図的に割られて形作られているため、人工的な石鏃と推測されるという。

 また鏃の用途としては、片野さん宅の裏には丹沢の山があるため、大きな鏃は鹿や猪、鴨に対して狩猟具として使用したのではと分析。小さな鏃については、当時の縄文人が毒に関しての知識を持っていたため、鏃に毒を塗り何度も撃って獲物を追跡したのではないかと考えられるという。

 同館では「日当たりの良い高台から見つかり、秦野は縄文時代から人が住みやすいまちだったと思われます。縄文時代の遺物は土に深く埋まっていて民家で発見というのは珍しい。この鏃は、その土地の歴史を語る重要なもの」と話した。

片野さんの畑から見つかった鏃
片野さんの畑から見つかった鏃

秦野版のトップニュース最新6

1人1日4g減呼び掛け

秦野市可燃ごみ

1人1日4g減呼び掛け 社会

2年後に1施設焼却体制へ

5月27日号

入念な準備で遭難防止

入念な準備で遭難防止 社会

体力に合わせ登山計画を

5月27日号

みんなのベンチ設置

大根地区

みんなのベンチ設置 社会

坂道途中の休憩所に

5月20日号

ホタル復活へ本格始動

くずはの家

ホタル復活へ本格始動 社会

「とんぼのせせらぎ」復旧

5月20日号

1枚の絵に“秦野”込め

秦野総合高近颯夏さん

1枚の絵に“秦野”込め 教育

NEXCOのエコバッグに

5月13日号

“エンディング応援”を開始

“エンディング応援”を開始 社会

秦野市社協が新事業

5月13日号

意見広告・議会報告政治の村

  • 「我が人生の歩み」

    なんつッ亭大将 古谷一郎 【私の履歴書】 シリーズ

    「我が人生の歩み」

    第5回・目指すは九州 ラーメン修行の旅へ

    5月27日号

  • 「我が人生の歩み」

    なんつッ亭大将 古谷一郎 【私の履歴書】 シリーズ

    「我が人生の歩み」

    第4回・27歳まで僕は「逃げ続けた」

    5月20日号

あっとほーむデスク

  • 5月27日0:00更新

  • 4月22日0:00更新

  • 4月8日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年5月27日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook