秦野版 掲載号:2022年4月29日号 エリアトップへ

医王山天徳寺 札所巡りの歴史継ぐ 坂東三十三観音石仏を新設

社会

掲載号:2022年4月29日号

  • LINE
  • hatena
新たに設置された「坂東三十三観音石仏」
新たに設置された「坂東三十三観音石仏」

 天台宗医王山天徳寺(いおうざんてんとくじ)(秦野市文京町6の22/安居院昭道(あぐいしょうどう)住職・26世)にこのほど「坂東三十三観音石仏」が完成し、寅年薬師開帳にあわせ一般へお披露目が行われた。

 この「坂東三十三観音石仏」は、同寺に保存されている江戸時代造立の「観音像群」の歴史を受け継ぎ新調されたもの。観音像群の石像は風化が進んでおり、安居院住職は「観音像群が完全に風化してしまう前に、新たな石仏を作り直したい」と考えていたという。

 折しも寅年の2022年は、12年に一度の「寅年薬師開帳」が行われる年。霊場第16番の同寺では、このご開帳の記念事業のひとつとするため2019年から準備を進め、檀家の寄付によって実現することになった。

原画から手掛ける

 同寺の観音像群は江戸時代中期に観音霊場巡りが流行した際、地域の人々によって建てられたもの。坂東三十三観音は西国巡礼にならい鎌倉時代初期に開設されたもので、坂東三十三観音の石像があった同寺は、遠くまで札所巡りに行けない人の参拝場所として、地域から親しまれていた。

 安居院住職はこうした歴史的背景を重視し、新設する石仏も三十三カ所全てを作成することに決め、札所に祀られている観音像を調べた。絵を嗜んでいたこともあり、安居院住職自らが原画を手掛け、立体にした時のバランスや等身などを工夫したという。また石仏台座の正面には番号と寺名、側面には地域と観音像の愛称を記載し、参拝客にわかりやすくした。

 石仏は秋山安太郎石材(伊勢原市日向)に依頼。安居院住職の友人でもある秋山良次社長は「一生に一度あるかという仕事ができ大変光栄。ご住職の熱い思いが伝わり形にできた」と話す。

 完成した石仏は今年3月に本堂脇に設置され、開眼式を実施。寅年薬師開帳が行われた4月8日から広く一般に向けお披露目された。

 安居院住職は「天徳寺に坂東三十三観音石仏があることを知っていただき、信仰を深めていただければ」と話した。

本堂前に保存されている観音像群
本堂前に保存されている観音像群
安居院住職と石仏の原画
安居院住職と石仏の原画

新春キャンペーン

はたの校リニューアル記念 指定用品3点プレゼント

http://www.champion-sc.co.jp/

<PR>

秦野版のトップニュース最新6

自治会館に移動スーパー

自治会館に移動スーパー 社会

高齢者の買い物を支援

7月1日号

災害情報を一元化

秦野市

災害情報を一元化 社会

避難の判断材料に

7月1日号

3年ぶりステージ発表

学生団体E4

3年ぶりステージ発表 社会

高校文化部による「インハイ」

6月24日号

女性も働きやすい工場に

西山製作所

女性も働きやすい工場に 経済

地元事業者と新たな試み

6月24日号

殺処分ゼロも保護猫増加

動物愛護センター

殺処分ゼロも保護猫増加 社会

オンライン化等で譲渡促進

6月17日号

デジタル化へ前進

秦野市自治会

デジタル化へ前進 コミュニティ社会

「いちのいち」登録86カ所に

6月17日号

意見広告・議会報告政治の村

  • 「我が人生の歩み」

    なんつッ亭大将 古谷一郎 【私の履歴書】 シリーズ

    「我が人生の歩み」

    第10回・ラーメンでお客様を笑顔に

    7月1日号

  • 古木勝久(3期目)

    市議会議員 秦野市議会6月第2回定例会  一般質問

    古木勝久(3期目)

    7月1日号

  • 「我が人生の歩み」

    なんつッ亭大将 古谷一郎 【私の履歴書】 シリーズ

    「我が人生の歩み」

    第9回・ついに開店「なんつッ亭」

    6月24日号

あっとほーむデスク

  • 6月24日0:00更新

  • 6月10日0:00更新

  • 6月3日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

秦野版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年7月1日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook