秦野版 掲載号:2022年5月20日号 エリアトップへ

大根地区 みんなのベンチ設置 坂道途中の休憩所に

コミュニティ社会

掲載号:2022年5月20日号

  • LINE
  • hatena
秦野産材を使ったベンチを組み立てていく(写真提供/秦野市社協)
秦野産材を使ったベンチを組み立てていく(写真提供/秦野市社協)

 「みんなのベンチプロジェクト」メンバー28人が5月2日、大根地区の高齢者などの休憩所とするためベンチを製作。坂道の途中(秦野市南矢名760の1)に設置した。

 大根地区は坂道が多く、公共施設やスーパー等に歩いていく際に「途中で休めるベンチなどが欲しい」という高齢者等からの声が、民生委員児童委員などを通して上がっていたという。一度は地元の人々を中心に設置に向けて取り組んだが、設置場所などで折り合いがつかず断念。しかしその後、秦野市社会福祉協議会が東京都大田区社協が取り組んだ「みんなのイスプロジェクト」を参考に呼びかけを行い、2021年に「みんなのベンチプロジェクト」が立ち上がった。

 プロジェクトに参加したのは市社協のほか大根地区社協、民生委員児童委員、大根地域高齢者支援センター職員、地元自治会、東海大学生など。大田区社協のベンチ製作に関わった山本厚生さん(秦野市在住)も加わり、当初は10人ほどだったが、会合を重ねるごとに仲間が増えていった。

使いやすさ検討し製作

 設置場所は、小田急線東海大学前5号踏切から県道613号(曽屋鶴巻線)までの坂道のおよその中間地点。普段からこの周辺で休んでいる人が多い場所であることや、ベンチを置く空間があることなどから決め、メンバーの知り合いと秦野市が地権者であることから、両者の協力を得て実現したという。

 ベンチは「カラフルにする」「絵を描く」などの意見も出たが、最終的には秦野産ヒノキを使った木の質感を残したものに。多くの人が使えるよう3人掛けにしたほか、高さや背もたれの長さなど、5回にわたる会合で詳細を決めていった。

 5月2日は28人が集まり、設置場所近くのメンバーの自宅でベンチを製作した。運び込まれた木材を組み立て、地面には水たまりやぬかるみができないようレンガを敷いて、ベンチを安定させた。メンバーの一人は「地域の人との良い交流にもなったし、楽しかった。散歩する人も多い道なので、設置以来すでに多くの人が喜んで使っている様子を見かけます」と話す。

 市社協の末吉陽菜さんは「ベンチを置くことで住みやすいまちになる。今後も要望があれば、他の地域でもプロジェクトを発足させていきたい」と話している。

設置されたベンチ
設置されたベンチ
プロジェクトのメンバーら(写真提供/秦野市社協)
プロジェクトのメンバーら(写真提供/秦野市社協)

秦野版のトップニュース最新6

3年ぶりステージ発表

学生団体E4

3年ぶりステージ発表 社会

高校文化部による「インハイ」

6月24日号

女性も働きやすい工場に

西山製作所

女性も働きやすい工場に 経済

地元事業者と新たな試み

6月24日号

殺処分ゼロも保護猫増加

動物愛護センター

殺処分ゼロも保護猫増加 社会

オンライン化等で譲渡促進

6月17日号

デジタル化へ前進

秦野市自治会

デジタル化へ前進 社会

「いちのいち」登録86カ所に

6月17日号

待機児童6年ぶりゼロに

市内保育所

待機児童6年ぶりゼロに 教育

保留児童は61人

6月10日号

新たな見どころ創造

弘法山公園

新たな見どころ創造 社会

ミツマタを40本植樹

6月10日号

子供達が健やかに成長できる未来

小田原市出身・在住 井上よしゆき

https://inoue-yoshiyuki.jp/

参院選神奈川立候補予定者アンケ

神奈川県選挙区の立候補予定者にアンケートを実施。回答を政治の村サイトで公開中

https://seijinomura.townnews.co.jp/election/2022/sangiin-q.html

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月24日0:00更新

  • 6月10日0:00更新

  • 6月3日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年6月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook