神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
秦野版 公開:2023年1月27日 エリアトップへ

約200人が支援登録をしている「フードバンクはだの」を立ち上げた 福嶋 秀樹さん 名古木在住 52歳

公開:2023年1月27日

  • X
  • LINE
  • hatena

貧困家庭の深刻化に危機感

 ○…始めたきっかけはコロナ禍。東海大学駅前で不動産業を営むが、職業柄部屋を貸している学生の生活が見えていたため、危機感を抱き2020年8月に立ち上げた。根底にあるのは、経済的な困窮を経験したことがある幼少期の記憶。この時、周囲の人たちのおすそ分けに助けられ、「今度は自分の番」と自然と体が動いたという。

 ○…フードバンクはだのは、3・11がきっかけで始めたボランティアを発展させた活動「南相馬子ども保養プロジェクト」が運営する。当初はプロジェクト支援者からの寄付中心、窓口も自社のみだったが今では秦野駅・渋沢駅エリアに窓口の協力店ができ、市内を中心に企業・個人・団体の支援者も増えた。計画は順調で「あと2カ所窓口を増やしたい。将来的には災害時の食料提供ができるような組織にしたい」と展望を語る。

 ○…和歌山県生まれ。2人の子どもの父。小2の1学期まで小田原で過ごし、父が松屋不動産を開き秦野に。大根小・中、秦野高校、駒澤大学から不動産会社勤務を経て家業に戻り、会社を継いだ。各地の災害ボランティアや養護学校のボランティアへの参加や、過去には子ども向けのサッカー教室を主催するなど「子どもの笑顔」を原動力に精力的に活動する。

 ○…「コロナ禍以上に、物価高騰が続く今の方が深刻度が増していると感じる」と危機感を募らせる。中には市外から訪れる人もいるという。「コロナ禍の自粛による人間関係分断で、誰に頼ればいいかわからないという人が増えているのもあるのでは。取り組みをもう一段発展させるには、窓口まで来られない人の元にどうやって届けるかが大きな課題。今後は行政や社会福祉協議会との協力も視野に入れていきたい」と話した。

秦野版の人物風土記最新6

杉本 榮次さん

早稲田大学校友会・秦野稲門会会長に就任した

杉本 榮次さん

北矢名在住 79歳

6月14日

柏木 真一さん

5月14日付で秦野市商店会連合会の会長に就任した

柏木 真一さん

桜町在住 64歳

5月31日

池田 幸枝さん

保健師として第59回神奈川県看護賞を受賞した

池田 幸枝さん

渋沢在住 59歳

5月24日

古山 秀和さん

3月19日付で秦野警察署長に就任した

古山 秀和さん

秦野市在住 56歳

5月17日

渋谷 勝征(まさゆき)さん

5月6日まで宮永岳彦記念美術館の市民ギャラリーで個展を開催している

渋谷 勝征(まさゆき)さん

松原町在住 80歳

5月3日

根倉 安史さん

秦野あきんど育成会の会長を務める

根倉 安史さん

東田原在住 52歳

4月26日

あっとほーむデスク

  • 5月31日0:00更新

  • 5月24日0:00更新

  • 4月26日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

バックナンバー最新号:2024年6月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook