神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
秦野版 公開:2024年4月12日 エリアトップへ

秦野市 市制70周年ロゴ決まる 記念の節目を盛り上げる

社会

公開:2024年4月12日

  • X
  • LINE
  • hatena
丹沢や桜、落花生などがデザインされている
丹沢や桜、落花生などがデザインされている

 2025年1月1日に市制70周年を迎える秦野市。市はこのほど、節目の記念事業の実施に向け、機運醸成を図ることを目的としたロゴマークを決定した。

 秦野市は、秦野町・南秦野町・東秦野村・北秦野村が合併し1955年(昭和30年)1月1日に誕生。その後、大根村(真田地区を除く)・西秦野町が編入され、現在に至る。

応募総数391点

 市は70周年の節目を迎えるにあたり、「誰もが住んでみたい・住み続けたい元気溢れるふるさと秦野」を目指し、記念事業を計画している。同事業を盛り上げるため市は今年1月、ロゴマークのデザイン募集を実施。市内外から391点の応募があった。

 応募作品は一次選考を経て10点に絞られた後、市民投票を実施。岩手県から応募した鈴木久さんのデザインが投票総数7971票中最多の2285票を獲得し70周年ロゴマークに選ばれた。デザインについて鈴木さんは「『70th HADANO』を中央にシンプルに配置。まわりに自慢したくなる秦野市の丹沢連峰や桜、弘法山公園の展望台、落花生などをイラストで配置し、ご当地感を演出した」と話す。市総合政策課の担当者は「小中学校の子どもたちにも参加してもらい市民投票を行いました。カラフルなデザインで、市内のスポットがバランス良く盛り込まれているのが選ばれた要因なのでは」と語った。

 市制70周年記念事業は24年4月1日から12月31日までがプレイベントに位置付けられ、25年1月1日から12月31日までが記念事業の期間となる。決定したロゴは今後、市制70周年に関する様々な広報媒体に使用され、告知や広報に活用される。

秦野版のトップニュース最新6

ICT技術を本格導入

秦野市消防

ICT技術を本格導入

救急活動の効率化図る

5月17日

記念事業計画まとまる

秦野市市制70周年

記念事業計画まとまる

プレイベントは今年から

5月17日

キッチンカー年間出店

弘法山公園

キッチンカー年間出店

飲食需要に応え実証実験

5月10日

通報現場を「見える化」

秦野伊勢原消防本部

通報現場を「見える化」

スマホで映像を送信

5月10日

各種地図をまとめて閲覧

秦野市

各種地図をまとめて閲覧

デジタル化の一環

5月3日

カーネーション出荷ピーク

カーネーション出荷ピーク

市内農家で摘み取り進む

5月3日

お得なプランや商品いっぱい!みどりや祭

特別価格の水回り2点セットや大好評コミコミ塗装プラン、ペットのためのリフォーム相談など

https://k-midoriya.com/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 4月26日0:00更新

  • 10月27日0:00更新

  • 10月20日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

バックナンバー最新号:2024年5月17日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook