神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
秦野版 公開:2024年5月3日 エリアトップへ

5月6日まで宮永岳彦記念美術館の市民ギャラリーで個展を開催している 渋谷 勝征(まさゆき)さん 松原町在住 80歳

公開:2024年5月3日

  • X
  • LINE
  • hatena

油絵で愛する富士描く

 ○…「絵を描くことは小さい頃からの生きがいです」。富士山を入れた四季折々の風景画や静物画、有名な画家の作品の模写など、約50点の作品が展示される個展を宮永岳彦記念美術館で行っている。今回で5回目となる開催。「どれも丹精込めて描いた作品。ぜひ、見に来てほしいです」

 ○…山梨県生まれ。小学2年生の頃、宿題で描いた絵で金賞をもらったことをきっかけに、絵にのめり込むように。「自分は絵が上手いのかも、と思いました。図工の時間は夢中になって絵を描いていましたね」。高校では美術部に入部し、水彩画ではなく油絵を選択した。「重量感があって、生き生きとした絵になります。納得いかない部分は後から修正することもできますし」と魅力を語る。

 ○…(株)東芝に就職し平塚に配属となった際、親戚に勧められて秦野市へ。テレビなどの商品を売る営業を行っていた。「でかい仕事がしたい」という思いから、茅ヶ崎市にあったディスカウントストア『ダイクマ』への営業も担当。「やりがいがありましたし、とても面白くて楽しかったです」と笑顔。趣味は卵からメダカや金魚を育てることや物を作ること、ゴルフ、盆栽など多種多様。「夢中になれるものはたくさんあったほうが人生は面白い」

 ○…現在は秦野市内の風景を描くことが多いというが、「山梨で生まれたので、好きな富士山は描きたくなりますね」と声を弾ませる。3年前、市内で活動している「秦野スケッチ会」に入会。会員と一緒に、持ち寄ったビンや花などを描いているという。また、市内外を歩いて水彩画でスケッチをしたものは、油絵で描き直すことも。「これからもずっと絵を描き続けていきたい」と力強く語る。

秦野版の人物風土記最新6

中志(なかし) 陽一さん

令和6年度神奈川県県民功労者表彰を受けた

中志(なかし) 陽一さん

北矢名在住 71歳

7月19日

望月 こなみさん

「インハイ」を主催する学生団体E4の第6期代表を務める

望月 こなみさん

今泉台在住 17歳

7月12日

宇佐美 一生(かずお)さん

6月12日付で秦野市交通安全協会の会長に就任した

宇佐美 一生(かずお)さん

曽屋在住 75歳

7月5日

長村 公一さん

5月29日付で公益社団法人秦野市シルバー人材センターの理事長に就任した

長村 公一さん

戸川在住 73歳

6月28日

杉本 榮次さん

早稲田大学校友会・秦野稲門会会長に就任した

杉本 榮次さん

北矢名在住 79歳

6月14日

柏木 真一さん

5月14日付で秦野市商店会連合会の会長に就任した

柏木 真一さん

桜町在住 64歳

5月31日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月31日0:00更新

  • 5月24日0:00更新

  • 4月26日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

バックナンバー最新号:2024年7月25日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook