神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
秦野版 公開:2024年7月5日 エリアトップへ

秦野市パサデナ市 姉妹都市提携し60年 演奏団など来日し交流

文化

公開:2024年7月5日

  • X
  • LINE
  • hatena
高橋市長(左から3番目)と秦野市役所を訪れた訪問団のメンバーら
高橋市長(左から3番目)と秦野市役所を訪れた訪問団のメンバーら

 秦野市とアメリカ・パサデナ市の姉妹都市提携が結ばれ今年で60年を迎えた。これを記念し6月下旬、パサデナ市から青少年演奏団と市民団体が秦野市を訪問。記念演奏会や高橋昌和市長への表敬訪問などが行われた。

 秦野市とパサデナ市が姉妹都市提携を結んだのは1964年。以来、秦野パサデナ友好協会(六本木康会長)とパサデナ市側もパサデナ姉妹都市協会が中心となり、両市の中高生らが互いに訪問し合うなど、民間主導で両市の交流が進められている。

BBQやホームステイなど

 今回、秦野市を訪れたのは、青少年演奏団(20人)とパサデナ市民訪問団(4人)のメンバーら。青少年演奏団は6月18日から29日まで、市民訪問団は21日から27日まで秦野市に滞在し、バーベキューやホームステイなどで交流を深めた。

 また、23日にはクアーズテック秦野カルチャーホール(秦野市文化会館)で青少年演奏団による記念演奏会が行われた。同演奏団を監督として率いたのは、世界的に活躍するアコーディオン奏者のスタス・ヴェングレブスキーさん。アコーディオンと和太鼓や琴、マリンバなどとの共演も行われた。翌日、秦野市役所を訪れた一行は、高橋市長を表敬。高橋市長は「記念演奏会はとても素晴らしかった。60年の交流に新たな1ページを加えることができた」と感想を話した。スタスさんは「日本に来たのは2度目。ここで演奏できたことはとても光栄。子どもたちにも多大なインパクトになる」と話した。

秦野版のトップニュース最新6

イオンを暑熱避難施設に

秦野市

イオンを暑熱避難施設に

民間で市内初の指定

7月19日

地域活性化を図り連携

西自治連×JAはだの

地域活性化を図り連携

大規模災害時の協力も

7月19日

周辺企業などと初の連携

県央やまなみ5市町村

周辺企業などと初の連携

名称も変更し新たな門出

7月12日

七夕祭りで多世代交流

下大槻団地

七夕祭りで多世代交流

東海大生らが企画

7月12日

横溝さん 日本代表入り

鶴巻南在住

横溝さん 日本代表入り

タッチラグビーW杯出場

7月5日

姉妹都市提携し60年

秦野市パサデナ市

姉妹都市提携し60年

演奏団など来日し交流

7月5日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月31日0:00更新

  • 5月24日0:00更新

  • 4月26日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

バックナンバー最新号:2024年7月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook