さがみはら中央区版 掲載号:2017年5月18日号
  • googleplus
  • LINE

このほど、ノジマ相模原ライズの新キャプテンに就任した 河石(かわいし)泰(たい)さん 都内在住 29歳

勝利へ導く「最後の砦」

 ○…昨季の低迷を受け、新キャプテンを任された。自身はライズの2部リーグ所属時代からのメンバー。当時に比べ、規律やチームが育んできた伝統、文化が薄らでいると危惧し、手を挙げた。就任時から本を読み漁り、コーチの声に耳を傾けながら戦術や心構えなどの知識を蓄えた。今季のキーワードは「全力」。目の前のプレーに全力を尽くし、やるべきことを忠実に実行する、そこに重点を置く一年に据えた。選手には「それができなければ活躍できない」と言い続ける。

 ○…高校時代はラグビー部。スクラムハーフで鳴らした。早稲田大学でプレーしたい一心で入学するも、トライアウトで不合格となり、一転、アメフト部に。ポジションは「最後の砦」とされるDB(ディフェンスバック)。ただ、3年生までは試合機会に恵まれず。不振でチームに迷惑をかけたこともあったが、ずっと気にかけてくれた先輩がいた。その期待に応えようと本気で取り組み始め、当時ライズの須永恭通ヘッドコーチが率い、絶対勝てないと言われた日大に勝てたことが、アメフトへの道を決定づけた。

 ○…神戸出身。相模原の印象は「住民の方が温かい」。清掃活動などで子どもたちや住民と触れ合い、激励されることが何よりの力になっている。普段は都内の広告会社に勤める営業マン。キャプテン就任を機に、けが予防や気分転換としてヨガを取り入れ、週3回、出勤前の2時間汗を流す。コーチや選手との試合後の食事も楽しみの一つだ。

 ○…リーグ戦でわずか1勝という、ライズ史上初の屈辱を味わった昨季。今年こそ、悲願の日本一をめざす。そのためにも強豪の富士通、オービックに立ち向かうべく、チーム全員が高い意識を日々持ち続けることの大切さを訴える。「その結果として、日本一の器になれたねと評価されたい」。重責を担いつつ、どん欲さと厳しい姿勢で、最後はチームを勝利へと導く。

さがみはら中央区版の人物風土記最新6件

真壁 伸吾さん

北里大学医学部にオーケストラを創設し、市内で第一回定期演奏会を開催する

真壁 伸吾さん

12月14日号

小野 王海(たかみ)さん

第5回「いのちの授業」大賞で県知事賞を受賞した

小野 王海(たかみ)さん

12月7日号

三塚 康雄 さん

公益財団法人相模原市体育協会の会長にこのほど就任した

三塚 康雄 さん

11月30日号

八木 繁雄さん

今年、設立20周年を迎えた公益社団法人相模原市防災協会の理事長を務める

八木 繁雄さん

11月23日号

井出 樹里さん

アメリカで開催されたトライアスロンのワールドカップ・サラソタ大会で優勝した

井出 樹里さん

11月16日号

小林 俊彦さん

相模原消防署に勤務し、第46回神奈川県安全運転競技大会で最優秀賞を受賞した

小林 俊彦さん

11月9日号

さがみはら中央区版の関連リンク

あっとほーむデスク

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年12月14日号

お問い合わせ

外部リンク