町田版 掲載号:2017年11月9日号
  • googleplus
  • LINE

35周年で「地域交流まつり」を開催する多摩丘陵病院の理事・事務部長を務める熊谷 春一さん65歳

地域の病院であるために

 ○…35年前にオープンした多摩丘陵病院の設立準備委員会から携わるメンバーの一人。山を切り開いて建設するにあたり、地元住民への説明などに奔走した。初日に来院した患者はわずか14人。病院のことを広く認知されるまでに10年の期間を要したという。

 ○…思えば「35年はあっという間だった」と振り返る。都内では珍しいリハビリテーション施設のある病院としてスタートし、今では町田や多摩を中心に幅広いエリアから来院する多くの人たちの要望に応える。”地域密着型”の病院であるために、自身も率先して地元の人たちの輪の中に入っていった。病院近くにある畑では地元の人に教わりながら一緒に季節のさまざまな野菜を育て周囲に振る舞う。20年以上参加していた町田市交通安全協会の安全運転管理者部会では多くの人と知り合うきっかけができた。会長を2期務めた町田市内の病院事務長会では月1回の勉強会を続けている。

 ○…「あのころは弱小だったから」と照れるが、立教大学の野球部ではピッチャーだった。今もソフトボールチームで投手を務め、東京マラソンを含めてフルマラソンは25回完走した経験がある。付き合いが広く会食の機会も多いが、173cm、71㌔のバランスの取れた体は現在も学生時代から変わっていない。

 ○…これまでの感謝の気持ちを込めて初めて開催する「地域交流まつり」。うれしかったのが「上からではなく、現場の方から恩返しのためにもやりたいという声が上がったこと」。地元の神社や大学などの協力も得て、子どもから大人まで誰でも参加して楽しめるイベントを目指す。自らも自分へのご褒美として、半年間悩んで4月に購入したギブソンのフォークギターでステージに立つ予定だ。「これからも地域の人たちのための病院であり続け、地元の医療機関とも連携しながら地域医療に貢献していきたい」
 

<PR>

町田版の人物風土記最新6件

水野 晋一さん

11月21日に新庁舎に移転する町田消防署の署長を務める

水野 晋一さん

11月16日号

土田 恭義さん

「あいはら“ワクワク”竹学校」を主催する相原にぎわい創生プロジェクト代表を務める

土田 恭義さん

11月2日号

折茂 尚夫さん

29日から始まる第40回町田市民文化祭の実行委員長を務める

折茂 尚夫さん

10月26日号

松島 義行さん

1周年を迎えた写真塾の塾長で、初めて写真展を開催している

松島 義行さん

10月19日号

三本松 武子さん

8日(日)からギャルリー成瀬17で個展を開く

三本松 武子さん

10月5日号

岩下 悦男さん

警視庁町田警察署の署長に就任した

岩下 悦男さん

9月28日号

町田版の関連リンク

あっとほーむデスク

町田版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

ゴルゴ松本が語る

ゴルゴ松本が語る

市民ホールで命の授業

11月24日

町田版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年11月16日号

お問い合わせ

外部リンク