厚木版 掲載号:2017年12月1日号
  • googleplus
  • LINE

名誉唎酒(ききざけ)師として日本酒の魅力や食文化を伝える 和田 烈(いさお)さん 松蔭大学教授 75歳

一献の魅力 こんこんと

 ○…世界最大最高のワインコンペ・インターナショナルワインチャレンジに、2007年から日本酒部門が新設された。13年以降のノーベル賞受賞者晩餐会では毎年日本酒がふるまわれる。13年、ユネスコの無形文化財に日本食が登録されたのを口火に、日本酒の輸出量はどんどんと伸びている―。日本酒の話となると、湧き出る泉のごとく止まらない。「旬や食器をも楽しむ、和食とのマリアージュもいいね」と魅力をまた語る。

 ○…世田谷に生まれた。立教大学に入学。1947年に創設され、ホテル・観光業界の要人たちを多数輩出した「ホテル研究会」に熱を注いだ。卒業後、プリンスホテルに就職。めきめきと頭角を現し、営業や本社の人事部などを経て、横浜プリンスホテルの開業準備に携わり支配人に。広島プリンスでは総支配人へとのぼり詰めた。いつの時代もあらゆる面で自身を支えたのは「飲みニケーションだよ」とにっこり。

 ○…ホテルマン時代はワインやカクテルを飲んでいた。しかし”日本三大酒処”の広島の西条で、仕事を通して数々の造り酒屋と交流を深めるうち、日本酒の魅力に酔いしれ、日本酒サービス研究会・酒匠研究会連合会の定める唎酒師の資格に挑戦した。最初は「全部飲み干していたら酔ってきちゃって」と苦笑い。2回目は「口に含むだけ」で、日本酒に従事する人たちの中、全問正解で合格。その後、普及活動が認められ、名誉唎酒師となった。

 ○…綾瀬の自宅では、3人姉弟の一番下の息子と晩酌をする。「高いから良いわけじゃない。やっぱり、米の匂いのするのが良いんだよ」。現在、松蔭大学の教授として学生たちに食文化を伝えるが「酒の力で、仲良くなって情が湧いてしまうから」と、学生とは一切杯を交わさない。お酒の魅力を知っているからこその自律。この先、自分の時間がゆっくり取れたら「地元、県央地区のかくれた観光資源を歩いて探したいな」。
 

厚木版の人物風土記最新6件

相原 千恵子さん

2017年度神奈川県保育賞を受賞した

相原 千恵子さん

12月8日号

天野 克子さん

厚木交響楽団でコンサートミストレスを務める

天野 克子さん

11月24日号

中里 恵美麻(えみま)さん

1周年を迎える『一期一会祭り」を主催する

中里 恵美麻(えみま)さん

11月17日号

阿部 嵩さん

全国白バイ安全運転競技大会バランス走行操縦部門個人の部で優勝した

阿部 嵩さん

11月10日号

松野 正剛(せいごう)さん

本日11月3日から始まる「あつぎ飯山秋の花まつり」の実行委員長を務める

松野 正剛(せいごう)さん

11月3日号

井(いい) 寛明さん

『エコ・アップ・あつぎ』の代表として活動する

井(いい) 寛明さん

10月27日号

厚木版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

厚木版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

絵筆に込める「生」の輝き

絵筆に込める「生」の輝き

赤瀬陽久さんの作品展示

12月3日~12月15日

厚木版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年12月8日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク