秦野版 掲載号:2014年2月20日号
  • googleplus
  • LINE

クリーンセンター

売電金額は2億円超

本格稼動から1年

はだのクリーンセンター
はだのクリーンセンター
 ごみ焼却施設「はだのクリーンセンター」(秦野市曽屋4624)が、2月で本格稼動から1年を迎えた。施設内の焼却時の水蒸気を利用した発電設備による「売電金額」は、これまでに2億円を超え、当初見込みを大きく上回ることが分かった。

 同センターは、秦野、伊勢原市の家庭ごみを処理してきた伊勢原清掃工場の180t焼却施設の老朽化にともない、代替施設として建設された。

 2基の焼却炉は、1日200tのごみ処理能力があり、ごみ焼却時に発生する蒸気を利用した発電設備は最大で3820kWを発電できる。これは発電設備がある県内19カ所のごみ焼却施設の中で、ごみ1tあたりの発電能力は3番目という高効率だ。

 同センターでは2013年度10カ月(4月〜1月)で、約2198万kWhを発電した。これは一般的な家庭(450kWh/月)の4885世帯分に相当する発電量だ。

 施設内で消費する電力を差し引いた、余剰電力を売却した売電電力量は約1520万kWh。売電金額は約2億1500万円となった。3月末までの予想では2億4000万円を見込んでいる。

 同センターでは当初、売電見込みを「年間約1億円」としており、すでにこれを大幅に上回っている。理由について担当者は、「効率的な運転計画を実施したこと、また今年度に夏季などで電力の買取単価が上がったこと」などをあげた。売電収入の利用方法は、現在検討しているという。

市民が施設見学

 2月16日には、1周年に合わせた施設見学が行われた。参加者は、秦野、伊勢原市の親子連れを含む市民151人。

 参加者は、ごみピットにためられたゴミを大型のクレーンがつかみ上げる様子や収集車がごみを搬入するプラットホーム、発電設備などを見て回った。

 見学会を終えた参加者は、「ごみピットを見て、ごみの減量と分別の大切さを感じた」「外に臭いを出さないための仕組みや収集車の洗車など、いくつもの工夫に驚きました」など感想を述べた。

 同センターでは、「参加者が焼却や発電の設備を間近で見たり、臭気の少なさなどを体験することは、ごみへの意識の醸成や施設に関する理解を得る有意義な機会となった」と話した。

クレーンを見る参加者
クレーンを見る参加者

関連記事powered by weblio


秦野版のトップニュース最新6件

合言葉は『安全登山』

曽屋高秦野高

合言葉は『安全登山』

9月29日号

応援券で半額に

公共施設使用料

応援券で半額に

9月29日号

マーチングで東関東へ

西中学校吹奏楽部

マーチングで東関東へ

9月22日号

秦野たばこ祭70周年

古谷氏 続投意思を表明

秦野市長選

古谷氏 続投意思を表明

9月15日号

県知事が施設訪問

寿湘ヶ丘老人ホーム

県知事が施設訪問

9月15日号

運転免許ならハダジ!

普通自動車も、バイク(大型・普通)も丁寧に指導。Tポイントも進呈中!

https://www.hadano-ds.co.jp/

<PR>

秦野版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

小学館児童出版文化賞を受賞

小学館児童出版文化賞を受賞

堀西の絵本作家 舘野 鴻さん

10月13日~10月21日

秦野版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

秦野版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2017年9月29日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク