青葉区版 掲載号:2012年7月12日号
  • googleplus
  • LINE

新石川國學院大 ミツバチで地域交流 ハチミツ活用し商品開発も

プロジェクト参加者に説明をする同大の学生
プロジェクト参加者に説明をする同大の学生

 國學院大學・横浜たまプラーザキャンパス(新石川)で、ミツバチを通して街のつながりを作る「万葉エコBeeプロジェクト」が行われている。先月30日には、初の一般公開を実施。地域住民ら20人が参加し、採蜜作業などを通じ学生と住民が交流を深めた。

 「万葉エコBeeプロジェクト」は、今年11月に創立130周年を迎える國學院大學の130周年記念事業の一環。緑や自然など環境の変化を人々に教えてくれる環境指標生物のミツバチを通し、人・街・自然のつながりを作っていく。養蜂作業を通じた学生と地域住民の交流イベントや採れたハチミツの流通などで、地元たまプラーザの街を活性化させるのがねらいだ。

学生が中心となり活動

 樹木や花を整備しているキャンパス環境と行動範囲が2、3Km程のミツバチに着目した同大。そこで、横浜で都市養蜂による地域活性化を行っている「Hama Boom Boom!プロジェクト」(岡田信行代表)と共同で3月末から事業をスタートさせた。

 活動は養蜂作業の基礎を学んだ人間開発学部の学生約15人が、中心となって実施。これまでに、新しく誕生し徐々に増えるミツバチの巣箱作りや採蜜作業などを行ってきた。事業に参加する人間開発学部・初等教育学科2年の高橋大樹さんは「自分たちの活動を通して地域の人々と交流できるのが嬉しい。もっともっと地域の人と協力していきたい」と話している。

採蜜作業は9月頃まで

 先月30日には、初めて一般公開を実施。当日参加した地域住民はミツバチに刺されないよう防護服を着用し、ミツバチを観察したり、採蜜体験などを行った。この日採れたハチミツは5kg程度。糖度は83・6%と一般的なハチミツの糖度より高いものが採れた。ハチミツはこれまでに130kg以上採れており、今後たまプラーザの企業と共同で商品開発する予定だ。一般公開は今年9月頃まで。次回の詳細は、www.manyo-ecobee.jpまたは同大事務課【電話】045・904・7700まで。
 

たまプラ産のハチミツ
たまプラ産のハチミツ

大成祭典 横浜葬祭センター

葬儀のことなら何でもご相談下さい。

http://www.taisei-saiten.co.jp/

<PR>

青葉区版のトップニュース最新6件

「総量維持」に重点

次期緑の保全計画

「総量維持」に重点

2月15日号

まち整備で魅力づくり

荏子田美しが丘

まち整備で魅力づくり

2月15日号

インフラ整備に積極投資

市18年度予算案

インフラ整備に積極投資

2月8日号

ラリーで市ケ尾再発見

相馬さん(美西小3年)が最優秀

かながわ夢絵コンテスト

相馬さん(美西小3年)が最優秀

2月1日号

詐欺防止ソング初披露

青葉区版の関連リンク

あっとほーむデスク

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「ホット」な作品一堂に

「ホット」な作品一堂に

老人ホームで展示

1月20日~2月26日

青葉区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

お問い合わせ

外部リンク