青葉区版 掲載号:2012年11月29日号
  • googleplus
  • LINE

明治神宮野球大会で初優勝した桐蔭横浜大学硬式野球部の監督 齊藤 博久さん つつじが丘在住 47歳

熱き魂で築いた日本一

 〇…『東京六大学に勝つチームを作りたい』。故・鵜川昇前学長の思いを受け、地道なチーム作りに励んできた。「野球部の伝統、土台、基礎を俺たちが築き上げよう」―。7年前、1年生だけの1期生と掲げたスローガンは『築く』。「この優勝は今までの部員みんなで勝ち取ったもの。鵜川学長にも見せてあげたかった」。悲願の日本一は、熱き”魂”の積み重ねによるものだ。

 〇…つつじが丘出身。谷本中では4番・捕手として活躍、県優勝を果たした。その後、土屋恵三郎監督率いる桐蔭野球の1期生として春の選抜へ。熱気の中、「ここで指揮を執ってみたい」。指導者への夢が芽生えた。その根底にあるのが父親の存在だ。バスケットボール選手として五輪出場し、日本代表コーチを務めた父親からは「勝負事の厳しさを学んだ」。大学卒業後、水戸短大付属高の監督として再び甲子園の土を踏んだ。

 〇…『みんなよくやった。誇りに思う』。節目には、チームへ手紙をしたためる。選手への深い愛情や敬意がにじみ出る、温かい手紙だ。部員150人と大所帯だが、退部者が少ないのは、勝利よりも人間としての成長や社会貢献をチーム理念に掲げているから。「勝てないと目標を失って挫折してしまうが、この理念があるから一丸となれる」。そんな人間性に惚れ込み、信頼を寄せる選手の姿は、リーグ初優勝を遂げた09年、『監督さんを胴上げするぞ』という気合からも垣間見える。

 ○…全国の大舞台。初戦11月10日は自身の誕生日であり、昨年逝去した父親の命日でもある。本来なら一周忌法要で施主を務める立場だが、苦渋の思いで神宮球場へ。早朝5時。人知れず埼玉まで向かい、父親の墓石を磨いてそっと声を掛けた。「今日は行けなくてごめんな。見守ってくれ」。そんな思いに選手も気づいていたのかもしれない。名門を破り、チーム力で栄冠をつかんだ。「親父も力を貸してくれたのかな」。初心を忘れず、謙虚に突き進む。
 

大成祭典 横浜葬祭センター

葬儀のことなら何でもご相談下さい。

http://www.taisei-saiten.co.jp/

<PR>

青葉区版の人物風土記最新6件

山口 真広さん

3月18日にフィリアホールでソロリサイタルを行うピアニストの

山口 真広さん

2月15日号

下山 和洋さん

しらとり台自治会の会長で「犯罪のない安全・安心まちづくり功労者表彰」を受けた

下山 和洋さん

2月8日号

酒井 沃子(ようこ)さん

15周年を迎える演奏会「65歳からのアートライフ」を開催する

酒井 沃子(ようこ)さん

2月1日号

吉村 春美さん

青葉区民生委員児童委員協議会会長として2月2日に講演会を開催する

吉村 春美さん

1月25日号

大日方(おびなた) 邦子さん

2018年平昌(ピョンチャン)パラリンピックで選手団長として日本代表チームを率いる

大日方(おびなた) 邦子さん

1月18日号

田中 綾さん

「市が尾 トコトコ スタンプラリー」を企画する

田中 綾さん

1月11日号

青葉区版の関連リンク

あっとほーむデスク

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「ホット」な作品一堂に

「ホット」な作品一堂に

老人ホームで展示

1月20日~2月26日

青葉区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

お問い合わせ

外部リンク