青葉区版 掲載号:2019年4月18日号 エリアトップへ

桜台ビレジ 価値を引き継ぎ50年 桜の下で記念行事

社会

掲載号:2019年4月18日号

  • LINE
  • hatena
桜を楽しみながら50周年を祝ったガーデンパーティー
桜を楽しみながら50周年を祝ったガーデンパーティー

 桜台のマンション「桜台ビレジ」が今年で竣工50周年を迎え、4月7日に桜木の植樹など記念行事が行われた。当日は、住民ら50人以上が参加し、コミュニティーの重要性を再確認しながら、桜の下で周年を祝った。

 桜台ビレジは戦後日本を代表する建築家、内井昭蔵氏が設計し、1969年4月に竣工した。傾斜地を利用して設けられた中庭や春に咲き誇る桜を全4棟、124戸から眺められるように設計するなどモダンなデザインが特徴で、72年には神奈川県建築コンクールで優秀賞を受賞している。その価値に惚れ込み、今も若い家族からシニアまで幅広い世代の住民が暮らすなど人気を保っている。

 7日に行われた記念行事には老若男女を問わず、マンション住民らが参加。竣工当時から暮らす住民や子どもたちによる桜木の植樹式、中庭でガーデンパーティーなどが賑やかに開かれた。

交流深める取組

 設計段階から「地域コミュニケーションの回復」を意図として中庭を作るなど、住民同士の交流を大切にしてきた桜台ビレジ。しかし、住民の高齢化や新住民の増加にともない、昨今はコミュニティーの希薄化が課題になっていた。そこで改めてつながりを深めようと、住民やマンション併設の店舗有志が昨年、「桜台ビレジピープル」という団体を結成。マンション内だけでなく、地域の高齢者が気軽に休めるベンチを環状4号沿いに設置する計画など、桜台全体を考えた取り組みも始まっている。桜台ビレジ自治会の1人は「防災や高齢化など、今後ますます住民の助け合いが重要になる。50周年を機に、改めて住民の顔の見える関係をみんなでつくっていきたい」と話している。

住民による植樹式も
住民による植樹式も

青葉区版のトップニュース最新6

新人賞で詩集を出版

区内在住草間さん

新人賞で詩集を出版 文化

地域での日常、散りばめて

10月22日号

外国人の相談窓口開設

横浜市居住支援協議会

外国人の相談窓口開設 社会

国の人手不足対策と連動

10月22日号

増える自殺 救うには

増える自殺 救うには 社会

精神科医・内田教授に聞く

10月15日号

街路灯維持 揺らぐ商店街

街路灯維持 揺らぐ商店街 社会

補助金活用も改修費重荷

10月15日号

「運転席無人」バスは国内初

市・企業など実証実験

「運転席無人」バスは国内初 経済

将来の労働力不足に対策

10月8日号

地域通貨で共助を盛んに

たまプラーザ

地域通貨で共助を盛んに コミュニティ経済

13日から実証実験

10月8日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月10日0:00更新

  • 9月3日0:00更新

  • 6月18日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

マジック学ぶ2日間

マジック学ぶ2日間

藤が丘地区センター

11月4日~11月11日

青葉区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 市、追加調査で準備進める

    〈連載【14】〉国の申請受付が延期に IRと横浜

    市、追加調査で準備進める 社会

    10月22日号

  • 求められる子どもの主体性(2)

    コラム「学校と社会をつなぎ直す」【10】

    求められる子どもの主体性(2)

    桐蔭学園理事長 溝上慎一

    10月15日号

  • 歴史探偵・高丸の「あお葉のこと葉」ファイル vol.6

    歴史探偵・高丸の「あお葉のこと葉」ファイル vol.6

    「屋号 後編」

    10月15日号

青葉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年10月22日号

お問い合わせ

外部リンク