青葉区版 掲載号:2020年1月30日号 エリアトップへ

アオバリ 作業所の魅力向上めざす 地域住民と集会を初開催

社会

掲載号:2020年1月30日号

  • LINE
  • hatena
80人以上が参加したファンミーティング
80人以上が参加したファンミーティング

 青葉区内で障害のある人がいきいきと働ける地域づくりをめざす「AOBAlution(アオバリューション)2020」(通称・アオバリ)の第1回ファンミーティングが1月18日に区内で行われた。商業・福祉関係者や支援者、高校生など80人以上が参加。福祉作業所の「稼ぐ力」や認知度向上をめざし、地域の力を活用した新たな可能性などが紹介された。

 アオバリの取組みは、青葉区自立支援協議会の日中活動部会と青葉区が中心となり、NPOよこはま地域福祉研究センターの企画協力のもと、昨年6月から始まった。障害者が福祉作業所で作る食品や工芸品など、良いものを作ってもPR不足などで販路が広がらない現状を踏まえ、作業に見合った工賃を得るために地域の人々からアドバイスをもらい、魅力アップを目指している。

 区内には11カ所の福祉事業所があり、今年度は「田園工芸」(あざみ野南)、「すてっぷ」(青葉台)、「とうり」(鴨志田町)の3事業所が取組みに参加。それぞれに地域住民などが“伴走者”として関わり、特技や専門性を活かしたアドバイスなどを行う。例えば、田園工芸では「もっと地域の人々に知ってもらいたい」という課題にSNSを使った広報や目を引くキャッチコピーの作成、そして女子高生からもアイデアをもらってPRを広げている。

 初めて開催された18日のファンミーティングは、それぞれが取り組んできた取組みを発表する場。キャンドルを製作する「すてっぷ」は、商品開発について日本キャンドル協会に相談してきた経緯などを発表。今後は小学校と連携し、キャンドルで火の扱い方を学ぶ機会を設けられないか模索している。また、干し野菜を販売する「とうり」には、東急百貨店たまプラーザ店障害者雇用チーム「えんちか」等が伴走。商品を同店の来店者にプレゼントとして配布して知名度を高めたり、商品の魅力をより高めるためのパッケージングや販売方法などを一緒に考えた。とうりの関係者は「多くの方からアドバイスをもらい、新しい気づきも得られて大変意義深かった」と感想を話した。

 また、会場内では区内事業所等の商品販売会やワークショップも行われた。区の担当者は今後の取組みに期待しながら、「アオバリの活動がさらに地域に広がり、魅力的な商品づくりに地域の方が参加してくれれば、インクルーシブなまちづくりが進んでいきます」と話した。

青葉区版のトップニュース最新6

増える自殺 救うには

増える自殺 救うには 社会

精神科医・内田教授に聞く

10月15日号

街路灯維持 揺らぐ商店街

街路灯維持 揺らぐ商店街 社会

補助金活用も改修費重荷

10月15日号

「運転席無人」バスは国内初

市・企業など実証実験

「運転席無人」バスは国内初 経済

将来の労働力不足に対策

10月8日号

地域通貨で共助を盛んに

たまプラーザ

地域通貨で共助を盛んに コミュニティ経済

13日から実証実験

10月8日号

修学旅行、対応に苦慮

市立小中学校

修学旅行、対応に苦慮 教育

県内日帰りに変更も

10月1日号

あおば小麦ビールが完成

あおば小麦ビールが完成 社会

10月中旬から提供開始へ

10月1日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月10日0:00更新

  • 9月3日0:00更新

  • 6月18日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

マジック学ぶ2日間

マジック学ぶ2日間

藤が丘地区センター

11月4日~11月11日

青葉区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 求められる子どもの主体性(2)

    コラム「学校と社会をつなぎ直す」【10】

    求められる子どもの主体性(2)

    桐蔭学園理事長 溝上慎一

    10月15日号

  • 歴史探偵・高丸の「あお葉のこと葉」ファイル vol.6

    歴史探偵・高丸の「あお葉のこと葉」ファイル vol.6

    「屋号 後編」

    10月15日号

青葉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年10月15日号

お問い合わせ

外部リンク