青葉区版 掲載号:2020年2月27日号 エリアトップへ

ジュニアドッジボール 土竜島(もぐらじま)が関東大会へ 市内で唯一出場

スポーツ

掲載号:2020年2月27日号

  • LINE
  • hatena
練習を重ねるメンバー
練習を重ねるメンバー

 小学1年生から4年生で構成されたチームが競う、初の「ジュニアドッジボール選手権」の神奈川県大会(県ドッジボール協会主催)が海老名市で2月11日に開催され、青葉区のドッジボールチーム「土竜島(もぐらじま)」が5位に入賞。29日に茨城県で開催される関東大会に市内チームで唯一、県代表として出場する。

 土竜島は区内唯一の公式ドッジボールチーム。区内外10校以上から集まる小学1年生から6年生35人が所属し、すすき野中学校と黒須田小学校で活動。一昨年には3年生以上のチームが競う南関東大会に出場するなど、好成績を残している。今回、関東大会に出場するメンバーは、隅谷和也君(小4)をジュニアキャプテンとする3、4年生。試合は8人制で行われ、15人が登録選手として関東大会へ挑む。

 4年生以下を対象に初の開催となった同選手権。県大会では25チームが関東大会に出場できる7枠をかけて戦った。3ブロックに分かれて競った予選では同チームが6試合を全勝し、25チーム中1位の得点に。その後、決勝ラウンドでも健闘し、トーナメント初戦で相模原のチームに敗れるも、5位で関東大会の切符を獲得した。

 隅谷君は「予選でいっぱい声を出して盛り上げることで、流れをつかみ進むことができた」と話し、関東大会は「1回も負けないで優勝したい」と意気込みを語った。

 これまでも多くの大会で優勝経験がある今回のメンバー。全学年の副キャプテンとして一緒に練習を続けてきた長町昂樹君(小6)は「みんなで声を出して戦っていけばチームワークもさらに良くなると思うので、頑張ってほしい」とエールを送る。原田洋之監督は「アタッカーだけでなく全員がアタック練習をし、誰でも投げられるよう力を入れてきた。楽しんで戦い、優勝してほしい」と話している。

青葉区版のトップニュース最新6

大玉華鈴(おおだまかりん)選手、優勝目指す

日体大SMG横浜

大玉華鈴(おおだまかりん)選手、優勝目指す スポーツ

七種で陸上日本選手権へ

5月26日号

中小企業6割が「未着手」

脱炭素

中小企業6割が「未着手」 社会

市、ガイドラインを作成

5月26日号

学生が地元店のデリバリー

市が尾駅周辺

学生が地元店のデリバリー 社会

4店舗が参加、魅力発信に

5月19日号

緑化に市から1500万

青葉台の養蜂団体

緑化に市から1500万 社会

「人もハチも居心地よく」

5月19日号

認知症リスク低減へ調査

青葉区・桐蔭学園

認知症リスク低減へ調査 社会

区民限定 40歳から対象

5月12日号

活動報告をデジタル化

横浜市消防団

活動報告をデジタル化 社会

負担減へ一部先行導入

5月12日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月26日0:00更新

  • 5月12日0:00更新

  • 3月31日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • おばあちゃん先生の子育てコラム

    おばあちゃん先生の子育てコラム

    第24回「一歩、二歩と成長を見守りましょう」

    5月26日号

  • 目のお悩みQ&A

    専門医が分かりやすく解説

    目のお悩みQ&A

    第23回『眼に注射をする治療が必要と言われて心配です』

    5月26日号

青葉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月26日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook