青葉区版 掲載号:2020年3月12日号 エリアトップへ

カフェで子ども受入れ コロナによる学校休業で

教育

掲載号:2020年3月12日号

  • LINE
  • hatena
3丁目カフェで過ごす子ども=提供
3丁目カフェで過ごす子ども=提供

 新型コロナウイルス感染症対策を受け、横浜市立の小中学校や高校などは3月3日から臨時休業している。一方、共働き家庭など保護者が日中不在の家庭もあり、市教育委員会や放課後児童クラブが対応に追われているほか、街中のカフェが子どもの居場所を提供するケースもある。

 市教委は休業決定後、就業や家庭での対応が困難な場合を想定し、小学1年から3年と小中学校の個別支援学級全学年、特別支援学校全学部について各学校で緊急受入れを実施。通常の学校と同じ時間を過ごし、課題学習や読書を行っている。

自宅に保護者がいない児童等はその後、各々開設されている放課後キッズクラブやはまっ子ふれあいスクール、放課後児童クラブで過ごす流れだ。

 一方、小学4年から6年は緊急受入れ対象外。高学年とはいえ、留守番させることに不安を持つ保護者からのニーズもあり、青葉区内17ある放課後児童クラブのうち16クラブは朝から開所し、受け入れている。また、低学年であっても児童が多数集まる学校より、少人数のクラブの方が感染症予防に良いと通わせているケースもあるという。

 保護者側も急な選択を強いられた中、たまプラーザ駅近くの「3丁目カフェ」では、日中の居場所として「子どもカフェ」を4日から開設している。近隣在住の小中学生を対象に、平日午前9時から午後6時まで(日により変更あり)、読書や勉強などに座席を提供するというもの。料金は1ドリンク菓子付で500円、さらに昼食が付くと1000円だ。

 オーナーの大野承さんは「(学校の休業は)急な話で、なんとか保護者と子どもを助けられないか、少しでも受皿を作れないか」と早々に実施を決定。4日から6日までの間に18人の子どもが利用したという。同店は今後の情勢にもよるが、平日の間は行う方針だ。実施の有無、利用の申込、日程確認は同店ホームページから。【URL】http://3choome-cafe.com/

青葉区版のトップニュース最新6

地元の大人が“手洗い講座”

荏子田小学校

地元の大人が“手洗い講座” 社会

児童との交流楽しむ

11月26日号

ピーク時の5分の1に

喫煙禁止地区過料処分

ピーク時の5分の1に 社会

マナー向上は依然課題

11月26日号

認知症治療の中核に

横浜総合病院

認知症治療の中核に 社会

支援体制の充実に期待

11月19日号

年度内に8年ぶり改定へ

横浜特別自治市大綱

年度内に8年ぶり改定へ 社会

市、引き続き国へ要望

11月19日号

夏以降、増加傾向に

横浜市内自殺者

夏以降、増加傾向に 社会

市、目立つ若年層にネット活用

11月12日号

都市公園コンクールで受賞

荏子田太陽公園愛護会

都市公園コンクールで受賞 社会

コミュニティ活動等が評価

11月12日号

意見広告・議会報告政治の村

  • 青葉区の声をカタチに!

    念願の認知症疾患医療センター設置 市政報告

    青葉区の声をカタチに!

    公明党 横浜市会議員 行田朝仁(ぎょうたともひと)

    11月19日号

あっとほーむデスク

  • 9月10日0:00更新

  • 9月3日0:00更新

  • 6月18日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

専門家が語るコロナ対策

専門家が語るコロナ対策

青葉区役所で12月20日

12月20日~12月20日

青葉区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 目のお悩みQ&A

    専門医が分かりやすく解説

    目のお悩みQ&A

     第5回「急性緑内障発作を起こしやすいと言われ心配です」

    11月26日号

  • おばあちゃん先生の子育てコラム

    おばあちゃん先生の子育てコラム

    第10回「お手伝いが生きる力の           基礎を養います」

    11月26日号

  • 20万8千筆の署名提出

    〈連載【15】〉住民投票求める市民団体 IRと横浜

    20万8千筆の署名提出

    11月19日号

青葉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年11月26日号

お問い合わせ

外部リンク