青葉区版 掲載号:2020年3月12日号 エリアトップへ

カフェで子ども受入れ コロナによる学校休業で

教育

掲載号:2020年3月12日号

  • LINE
  • hatena
3丁目カフェで過ごす子ども=提供
3丁目カフェで過ごす子ども=提供

 新型コロナウイルス感染症対策を受け、横浜市立の小中学校や高校などは3月3日から臨時休業している。一方、共働き家庭など保護者が日中不在の家庭もあり、市教育委員会や放課後児童クラブが対応に追われているほか、街中のカフェが子どもの居場所を提供するケースもある。

 市教委は休業決定後、就業や家庭での対応が困難な場合を想定し、小学1年から3年と小中学校の個別支援学級全学年、特別支援学校全学部について各学校で緊急受入れを実施。通常の学校と同じ時間を過ごし、課題学習や読書を行っている。

自宅に保護者がいない児童等はその後、各々開設されている放課後キッズクラブやはまっ子ふれあいスクール、放課後児童クラブで過ごす流れだ。

 一方、小学4年から6年は緊急受入れ対象外。高学年とはいえ、留守番させることに不安を持つ保護者からのニーズもあり、青葉区内17ある放課後児童クラブのうち16クラブは朝から開所し、受け入れている。また、低学年であっても児童が多数集まる学校より、少人数のクラブの方が感染症予防に良いと通わせているケースもあるという。

 保護者側も急な選択を強いられた中、たまプラーザ駅近くの「3丁目カフェ」では、日中の居場所として「子どもカフェ」を4日から開設している。近隣在住の小中学生を対象に、平日午前9時から午後6時まで(日により変更あり)、読書や勉強などに座席を提供するというもの。料金は1ドリンク菓子付で500円、さらに昼食が付くと1000円だ。

 オーナーの大野承さんは「(学校の休業は)急な話で、なんとか保護者と子どもを助けられないか、少しでも受皿を作れないか」と早々に実施を決定。4日から6日までの間に18人の子どもが利用したという。同店は今後の情勢にもよるが、平日の間は行う方針だ。実施の有無、利用の申込、日程確認は同店ホームページから。【URL】http://3choome-cafe.com/

公明党横浜市議団

女性の生きづらさ解消へ支援 「生理の貧困」受け、市内で無料配布

https://www.komei.or.jp/km/gyota/

<PR>

青葉区版のトップニュース最新6

4割が土砂災害警戒区域

横浜市立校

4割が土砂災害警戒区域 教育

避難計画は作成済み

6月24日号

小中高生に寄り添い10年

みどりの学校ひまわり

小中高生に寄り添い10年 教育

学校生活に悩む子ら支援

6月24日号

公道上で実証実験

EV充電器

公道上で実証実験 経済

全国初 しらとり台で開始

6月17日号

養育費確保に新制度

横浜市

養育費確保に新制度 社会

ひとり親を支援へ

6月17日号

子ども支援4団体に寄付

区内ロータリークラブ

子ども支援4団体に寄付 コミュニティ社会

「コロナ禍を乗り越えて」

6月10日号

水道料金値上げへ

横浜市

水道料金値上げへ 社会

7月利用分から1割増

6月10日号

あっとほーむデスク

  • 6月24日0:00更新

  • 5月20日0:00更新

  • 4月29日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 地域社会づくりを担ってきた学校

    コラム「学校と社会をつなぎ直す」【15】

    地域社会づくりを担ってきた学校

    桐蔭学園理事長 溝上慎一

    6月24日号

  • 目のお悩みQ&A

    専門医が分かりやすく解説

    目のお悩みQ&A

     第12回『糖尿病だとなぜ眼科受診が必要?』

    6月24日号

  • おばあちゃん先生の子育てコラム

    おばあちゃん先生の子育てコラム

    第15回「汗をしっかりかいて、暑い夏を乗り切りましょう♪」

    6月24日号

青葉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年6月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter