青葉区版 掲載号:2020年10月1日号 エリアトップへ

市立小中学校 修学旅行、対応に苦慮 県内日帰りに変更も

教育

掲載号:2020年10月1日号

  • LINE
  • hatena

 新型コロナウイルス感染症の影響で、横浜市立小中学校では修学旅行への対応が分かれている。市教育委員会によると、9月17日までに実施したのは小・中・小中一貫の義務教育学校487校のうち、小学校12校、中学校4校となっている。市教委は「市立学校の教育活動の再開に関するガイドライン」の中で、遠足(旅行)・集団宿泊的行事実施のための留意事項を策定し、実施の場合には感染防止対策を講じて安全に行えるよう支援をしている。

 市教委の聞き取り調査では、8月末時点では小学校の3割、中学校の4割が修学旅行の中止を見込んでいた。9月に入ると実施に踏み切る学校が出始め、17日までに小学校12校、中学校4校が修学旅行を実施した。

 修学旅行を教育カリキュラムの一環と位置付ける市は、行き先の選定などの実施方法を各校の判断に委ねているが、今年度は新型コロナウイルス感染症の影響で、予定通り実施する学校や別日への延期、中止など対応が分かれているという。箱根や鎌倉など、県内観光地への日帰り行程に変更する例もあった。

 その一方、市は独自のガイドラインを策定し、文部科学省が推奨する日本旅行業協会の「国内修学旅行の手引き」にも準じた対応を実施校に求めている。実施校では、公共交通機関の利用を避けて貸切バスを利用したり、体調不良に備えて看護師らが随行したりしている。

 2年前に市立中学校で初となる秋の修学旅行を実施した富岡中学校=金沢区=では、予定通り9月17日から2泊3日で、京都・奈良に7クラス約260人で訪問。宿での食事は大部屋でなく各部屋への配膳に変更し、予備の部屋を保健室として用意。生徒の自主行動時間は、ワンボックス型タクシー43台を手配した。タクシー代は追加料金となったが、政府の観光支援事業「GoToトラベルキャンペーン」を活用したことで生じた余剰金を充てたという。

キャンセル料公費負担

 市立小中高校のキャンセル料公費負担などを盛り込んだ1億8千万円の補正予算が市会9月定例会で全会一致で可決された。学校が中止する場合や、保護者判断で参加を見送る際に適用される。事業費には、実施校に対する看護師らの随行費なども含まれている。

青葉区版のトップニュース最新6

子ども支援4団体に寄付

区内ロータリークラブ

子ども支援4団体に寄付 社会

「コロナ禍を乗り越えて」

6月10日号

水道料金値上げへ

横浜市

水道料金値上げへ 社会

7月利用分から1割増

6月10日号

コロナで販路減り苦境に

横浜市内障害者施設

コロナで販路減り苦境に 経済

仲介組織が下支え

6月3日号

1都7県の頂点に

鼓粋ジュニア部

1都7県の頂点に 文化

8月、和太鼓の全国大会へ

6月3日号

「青葉区スポーツ協会」に

「青葉区スポーツ協会」に スポーツ

体協から名称変更

5月27日号

特例貸付 5.8万件に

特例貸付 5.8万件に 経済

コロナ禍 市内の申請増加

5月27日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月20日0:00更新

  • 4月29日0:00更新

  • 4月22日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

育児夫婦のすれ違いなぜ

育児夫婦のすれ違いなぜ

笑い、涙ありのトーク会

6月26日~6月26日

青葉区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年6月10日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter