青葉区版 掲載号:2021年4月15日号 エリアトップへ

第2回Y-SDGs 区内4事業者を認証 SDGs推進に期待

経済

掲載号:2021年4月15日号

  • LINE
  • hatena
石勝エクステリアの担当者
石勝エクステリアの担当者

 横浜市のSDGs認証制度「Y-SDGs」の第2回認証事業者がこのほど発表され、区内から4事業者が選ばれた。認証事業者は市のHPなどでPRされるほか、更なる取り組み支援を受けられる。市は認証制度を活用して多くの事業者がSDGsに取り組むことを期待している。

 今回区内から選ばれたのは、(株)石勝(いしかつ)エクステリアと星槎高等学校、星槎中学校、(株)タウンニュース社の4事業者。

 SDGs(持続可能な開発目標)は2030年までに持続可能でよりよい世界を目指す国際目標。「貧困」や「ジェンダー平等」「クリーンなエネルギー」など17項目の目標で構成され、地球上の「誰一人取り残さない」ことを誓っている。Y-SDGsはそのSDGs達成に向けて取り組む事業者を市が認証する制度。昨年11月の第1回認証事業者には区内からは上位ランクに日舗建設㈱(若林訓晴代表取締役)、通常ランクで都筑開発㈱(土志田嗣朗代表取締役)が選ばれた。

みどりとともに

 新石川に業務センターがある石勝エクステリアは、東急不動産の子会社として造園、土木工事などを主な事業とする。商業施設や集合住宅の屋上・壁面緑化などを多く手掛けるほか、自然観察会や屋上庭園での菜園教室なども実施し、緑を生かした景観、街づくりに貢献していることなどが評価された。同社担当者は「環境創造企業として、今後も横浜市と協力しながら、気候変動対策や生物多様性保全などの取り組みを通じてSDGsの達成に貢献していきたい」と話した。

生徒主体でSDGs推進

 星槎高等学校、同中学校は法人の事務局がさつきが丘にあり、各校舎は旭区や緑区にある。両校は横浜市が進める再生可能エネルギーの施策に賛同し、2019年から校舎で使う電力に青森県横浜町の風力発電の電力を活用。その取り組みを通じて星槎グループ全体で再生可能エネルギーについて学ぶ「星槎電力プロジェクト」も行っている。

 また、アフリカやアジアの学生や大使館、国連関係者などを招き、環境や貧困、人権などについて考える国際交流イベントを毎年開催している。同校の担当者は「次世代を担う生徒たちがSDGsを通じて将来を考える機会になってほしい。これからも生徒たちと取り組みを続けていきたい」と話した。

星槎高校の国際交流イベントの過去の様子=提供
星槎高校の国際交流イベントの過去の様子=提供

青葉区版のトップニュース最新6

"学校版クラファン"開始

元石川高校

"学校版クラファン"開始 教育

県のまなびや基金を活用

5月13日号

道路損傷 LINEで通報

横浜市

道路損傷 LINEで通報 社会

市民投稿で迅速対応へ

5月13日号

設置8割超も課題

住宅用火災警報器

設置8割超も課題 社会

義務化10年、現状は

5月7日号

17日から集団接種

青葉区

17日から集団接種 社会

新型コロナワクチン

5月7日号

危険なバス停20カ所

青葉区内

危険なバス停20カ所 社会

事業者中心に対策検討

4月29日号

開始注文率20%に

横浜市給食

開始注文率20%に 教育

ハマ弁から移行で倍増

4月29日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月29日0:00更新

  • 4月22日0:00更新

  • 4月15日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年5月13日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter