青葉区版 掲載号:2021年7月15日号 エリアトップへ

FCすすき野レディース出身 清水選手を後輩が応援 なでしこジャパン優勝願う

スポーツ

掲載号:2021年7月15日号

  • LINE
  • hatena

 黒須田小学校出身で、女子サッカーチーム「FCすすき野レディース」に在籍していた清水梨紗選手(25)=写真=が東京オリンピックのサッカー日本女子代表「なでしこジャパン」の一員として、7月21日に初戦を迎える。後輩女子選手たちは活躍と金メダル獲得を期待し、応援している。

 「日テレ・東京ヴェルディベレーザ」でキャプテンを務める清水選手。五輪での代表選出は初めてだが、2019年のW杯フランス大会では全4試合にフル出場するなどレギュラーとして活躍している。代表選出を受け、「すごく嬉しい。選ばれていない選手の分も頑張らなければいけない。初の五輪を楽しみながら、金メダルを取ることを目標に自分ができる仕事をしたい」「(DFとして)相手に突破させないことと、自分の運動量を生かして攻撃のアクセントになれれば」と意気込みを語っている。

俊足武器に活躍

 FCすすき野レディースは1979年設立の小学生女子チーム。清水選手は2年時に入団し、卒業までの約4年半在籍した。5年時にはU─12の関東大会にFWとして出場し、エースとして活躍。優勝の原動力となった。清水選手を指導していた同チームの吉村望代表は「足が速く、周りから『あの足の速さはスピード違反』と言われていたね」と話す。全力で試合に臨む選手で、準決勝から決勝までの間に昼寝していた姿が思い出されるという。小学生が次の試合に向け体力を充電しようとする姿に驚いたと吉村代表。「ここまで活躍すると思っていなかったが卒業時にもらったメッセージには『学んだ事を生かしなでしこジャパンに入っています』とすでに代表入りが書かれていた」と笑う。

 同チームの後輩、杉山結衣さん(10)は「清水選手がいたチームに所属していることが誇りです。オリンピックでも頑張ってください。応援しています」と話し、他選手も「梨紗選手みたいな選手になりたい」「活躍して優勝してほしい」と願う声が聞かれた。
 

FCすすき野レディースの選手と吉村代表
FCすすき野レディースの選手と吉村代表

青葉区版のトップニュース最新6

オンライン化推進に本腰

横浜市

オンライン化推進に本腰 社会

行政手続の利便性向上へ

6月23日号

街なかに「どうぞの椅子」

谷本地区

街なかに「どうぞの椅子」 社会

坂道途中などの休憩に

6月23日号

周辺区画の緑化進む

すすき野三丁目

周辺区画の緑化進む 文化

緑のまちづくり、2年目

6月16日号

策定へ基本的方向発表

新たな中期計画

策定へ基本的方向発表 社会

市長公約「ゼロ」明示せず

6月16日号

子ども食堂、再スタート

青葉区内

子ども食堂、再スタート コミュニティ社会

黙食や屋外で活動模索

6月9日号

中高年向け相談窓口開設

市ひきこもり支援

中高年向け相談窓口開設 社会

当事者、家族の孤立防ぐ

6月9日号

参院選神奈川立候補予定者アンケ

神奈川県選挙区の立候補予定者にアンケートを実施。回答を政治の村サイトで公開中

https://seijinomura.townnews.co.jp/election/2022/sangiin-q.html

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月9日0:00更新

  • 5月26日0:00更新

  • 5月12日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 学校から見た運動部の地域移行

    コラム「学校と社会をつなぎ直す」㉑

    学校から見た運動部の地域移行

    桐蔭学園理事長 溝上慎一

    6月23日号

青葉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年6月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook