青葉区版 掲載号:2021年9月9日号 エリアトップへ

   「お子さんの視力検査について」 コラム【2】 悠先生のちょっと気になる目のはなし

掲載号:2021年9月9日号

  • LINE
  • hatena
加藤悠院長
加藤悠院長

 毎年学校健診の時期には多くのお子さんが、学校から用紙をもらい眼科受診に来ます。中には、視力検査で引っかかったり、両眼の視線が異なる斜視の疑いがあり受診に来る人もいます。

 そもそもなぜ、学校で視力検査を定期的に行うのかご存知でしょうか。実は、視機能の発達にはタイムリミットがあるからです。まず、生まれたばかりの赤ん坊の視力はほとんどなく、明るさを理解する程度です。それが、成長するに従って眼が外界からの刺激を受けることで視力などの視機能が発達していきます。一般的には6歳くらいになると大多数のお子さんの視力は1・0に達すると言われています。ここで言う視力はメガネなどを使い近視などを補正した視力のことです。

 しかし、中には何かしらの原因で視力の発達が不十分なお子さんもいます。視機能の発達は6歳、遅くても8歳くらいまでと言われています。それまでの間に本来獲得できる視力に達していないとそれ以降の視機能発達は難しく弱視という状態になってしまいます。

 視力が発達しない原因は様々ですが、左右の眼で近視や遠視の度数の差が大きい、乱視が強い、あるいは斜視などが原因となることもあります。日常生活では気付くことが難しい場合もあり、健診で見つけ適切な治療を行うことで弱視を予防することができることもあるのです。それが3歳児健診や学校健診に視力検査が入っている理由の1つになっているのです。

 市ケ尾町の「梅の木眼科医院」の加藤悠院長が、目を健康に維持するために大切なことを分かりやすく教えてくれるコーナーです(月1回第2週目に掲載)
 

お庭のお手入れなら田辺園へ

見積り無料、「タウンニュース見た」で10%オフ!℡080-8838-0305

<PR>

青葉区版のコラム最新6

おばあちゃん先生の子育てコラム

おばあちゃん先生の子育てコラム

第20回「お子さんと一緒に成功体験を重ねましょう」

11月25日号

目のお悩みQ&A

専門医が分かりやすく解説

目のお悩みQ&A

 第17回『元々、目が良かったのに60歳を過ぎて遠くも近くも見えにくくなってしまいました』

11月25日号

悠先生のちょっと気になる目のはなし

「男性に起こりやすい目の病気について」 コラム【4】

悠先生のちょっと気になる目のはなし

11月11日号

おばあちゃん先生の子育てコラム

おばあちゃん先生の子育てコラム

第19回「風邪を引かない昔からの知恵をお教えします」

10月28日号

目のお悩みQ&A

専門医が分かりやすく解説

目のお悩みQ&A

 第16回『50歳頃から眼鏡やコンタクトが合わず困っています』

10月28日号

高齢者のアクティブな生き方とは

コラム「学校と社会をつなぎ直す」【17】

高齢者のアクティブな生き方とは

桐蔭学園理事長 溝上慎一

10月28日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 12月2日0:00更新

  • 11月4日0:00更新

  • 6月24日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 目のお悩みQ&A

    専門医が分かりやすく解説

    目のお悩みQ&A

     第17回『元々、目が良かったのに60歳を過ぎて遠くも近くも見えにくくなってしまいました』

    11月25日号

  • おばあちゃん先生の子育てコラム

    おばあちゃん先生の子育てコラム

    第20回「お子さんと一緒に成功体験を重ねましょう」

    11月25日号

青葉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年12月2日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook