青葉区版 掲載号:2021年9月30日号 エリアトップへ

あおばエール 障害者の店舗利用を応援 HPでサポート内容を公開

社会

掲載号:2021年9月30日号

  • LINE
  • hatena
取り組みをPRする帆苅さん(右)と小柳さん
取り組みをPRする帆苅さん(右)と小柳さん

 青葉区内の店舗が障害者に対してサポートできる内容などをホームページで公開し、飲食や買い物などを応援する取り組み「あおばエール」の周知が10月から始まる。主催団体は「障害者が街に出やすくなり、地域ぐるみで社会参加を応援するきっかけになれば」と話している。

 「あおばエール」は青葉区障がい者後見的支援室ほっぷを中心に、区地域自立支援協議会が協力して企画したもの。区内全域を対象に、店舗と協力したこのような取り組みは市内で初めて。ほっぷの帆苅悟さんは「青葉区は街に出ている障害者が少ない印象がある」と話し、「障害者が街に出て、気軽に店舗を利用してもらえれば」と考えたことがきっかけだ。

 仕組みとしては、障害者を応援したいという飲食店や小売店などが協力店として申し込み、あおばエールのHP(【URL】https://aoba-yell.com/)に登録。各店舗の情報欄には「メニューに絵や写真がついている」「入口付近に車いすが超えられない段差があるが、スタッフ対応可能」など、対応できるサポート内容等が記載されている。身体だけでなく、発達・知的障害、認知症など目に見えない障害のある人たちにとって買い物等で困る事柄は様々。店舗に全て対応することを求めるのではなく、まずはできる範囲で応援してもらおうという主旨だ。

協力店の増加目指す

 現在の登録数は24店舗。協力店には障害者への対応方法を解説したハンドブックを配布するほか、支援の専門機関がどのようなサポートが有効か相談に応じる。協力店の1つで区内2店舗でラーメン店「七志」を運営する(株)ナナシフードサービスの平英樹代表は「ぜひ気軽に店舗をご利用いただき、改善してほしい点なども教えてもらえたら」と話す。

 協力店は6月から募っていたが、10月からは障害者と家族への周知を始め、本格的に利用を促していく。あおば地域活動ホームすてっぷの小柳直晴さんは「今後さらに協力してくれる店舗を増やしていきたい」と意気込む。一方で「青葉区では、障害のある家族のことを周りにオープンしたがらない傾向がある」と話し、「この取り組みによって障害者が街に出やすくなることで、家族や住民の方々の理解も深まり、共助の関係が進むきっかけにもなれば」と期待を寄せる。また、将来的には協力店と区内作業所がコラボした商品開発なども目指していきたいとしている。

 あおばエールの詳細はHPを参照。登録、利用に関する問い合わせは「ほっぷ」【電話】045・532・3110。

この黄色いシールが協力店舗の目印
この黄色いシールが協力店舗の目印

青葉区版のトップニュース最新6

市認定のNPO法人に

県転倒予防医学研究会

市認定のNPO法人に 社会

高齢者の健康維持に尽力

10月14日号

市が「防災力」認定制度

マンション

市が「防災力」認定制度 社会

来年1月に開始予定

10月14日号

陽性 半数近くが若年層

新型コロナ第5波

陽性 半数近くが若年層 社会

市、新プランで対策急ぐ

10月7日号

コロナ禍でも文化芸術を

コロナ禍でも文化芸術を 文化

鑑賞機会届けに奔走

10月7日号

市、オンライン申請を導入

証明書発行

市、オンライン申請を導入 社会

時間・場所問わず可能に

9月30日号

障害者の店舗利用を応援

あおばエール

障害者の店舗利用を応援 社会

HPでサポート内容を公開

9月30日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月24日0:00更新

  • 5月20日0:00更新

  • 4月29日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「前進」テーマに公演

和太鼓

「前進」テーマに公演

11月6日 都筑公会堂で

11月6日~11月6日

青葉区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 悠先生のちょっと気になる目のはなし

    「女性に起こりやすい目の病気について」 コラム【3】

    悠先生のちょっと気になる目のはなし

    10月14日号

青葉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook