青葉区版 掲載号:2021年10月28日号 エリアトップへ

すすき野中伊藤さん 学生科学賞で県知事賞 「聖牛(ひじりうし)」で2年連続最優秀

教育

掲載号:2021年10月28日号

  • LINE
  • hatena
伊藤さんと研究レポートのパネル
伊藤さんと研究レポートのパネル

 全国の中高生を対象とした日本最高峰の科学コンクール「日本学生科学賞」の神奈川県大会の審査結果が10月12日に発表され、すすき野中学校3年の伊藤悠さんが最優秀賞にあたる県知事賞を2年連続で受賞した。作品は全国審査に出品され、伊藤さんは「昨年より上を目指せたら」と意気込みを語った。

 物理、化学、生物、地学などの分野で研究成果を発表する同賞。伊藤さんの作品名は「聖牛(ひじりうし)は本当に効果があるのかIII〜改良聖牛と沈牛で河川の氾濫と二次災害を防ぐ〜」。聖牛は川の氾濫を防ぐために武田信玄が考案したとされる装置で、木材を三角すいの形に組み上げ、水勢を弱めるために川沿いに設置するもの。伊藤さんは1年生の時から同じテーマで研究を続けている。一昨年は県大会で県中学校文化連盟会長賞を受賞し、全国審査では入選3等、昨年は県知事賞を受賞したが、全国入賞は逃した。

 それでも「一つのことを極めたい」と3年目の研究に挑戦。過去は聖牛の有無による水の流れや効果を検証してきたが、今回は聖牛の課題を克服する「改良聖牛」を考案し製作と研究を行った。

 研究を進めるため、現在も聖牛が残る山梨市の市職員に話を聞き、「崩れた木片の塊が堤防を壊してしまう」などの弱点を発見。そこで、改良版では崩れた時に木片がうまく流される構造を作ろうと発案した。アクリル板で川を再現した大型模型も自作し、試行錯誤を重ねたという。伊藤さんは「今年の出品作品はレベルが高く不安でしたが、県知事賞を受賞できて嬉しい」と感想を話した。今後は11月に全国予備審査があり、12月に最終審査が行われる。

青葉区版のトップニュース最新6

1万着の服、難民に

黒須田小5年1組

1万着の服、難民に 教育

児童主体で取り組む

12月9日号

初の全国で3位

ドッジボール土竜島

初の全国で3位 スポーツ

悔しさ糧に次の大会へ

12月9日号

女子駅伝で初の関東へ

山内中

女子駅伝で初の関東へ スポーツ

県、準優勝に悔しさも

12月2日号

クラファンで演奏の場

クラファンで演奏の場 教育

コロナ禍の中高生にエール

12月2日号

浜田さんが市長賞

環境絵日記

浜田さんが市長賞 社会

区内から5人優秀特別賞

11月25日号

上瀬谷新交通に参画せず

シーサイドライン

上瀬谷新交通に参画せず 経済

開業の見通し不透明に

11月25日号

お庭のお手入れなら田辺園へ

見積り無料、「タウンニュース見た」で10%オフ!℡080-8838-0305

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 12月2日0:00更新

  • 11月4日0:00更新

  • 6月24日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 悠先生のちょっと気になる目のはなし

    「飛蚊症(ひぶんしょう)は治療が必要?」 コラム【5】

    悠先生のちょっと気になる目のはなし

    12月9日号

青葉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年12月9日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook