港北区版 掲載号:2021年6月24日号 エリアトップへ

横浜市 養育費確保に新制度 ひとり親を支援へ

経済

掲載号:2021年6月24日号

  • LINE
  • hatena

 横浜市が7月1日、ひとり親の養育費確保を支援する2種類の制度を始める。支払い内容を取り決める公正証書などの作成や、不払いに備える費用を補助するもので、養育費を適切に受けられる環境づくりを進める。

 子どもが健康に成長するための教育や、監督・保護に必要な養育費。元夫から、親権を持つことが多い元妻への不払いが問題となっており、全国の自治体で支援事業が始まっている。

 市の制度は2種類。一つは、支払い金額や期間を定めた公正証書などの作成費用が3万円まで補助される。

 もう一つは、民間保証会社が不払い分の立て替えと督促を行う「養育費保証契約」に関する支援。児童扶養手当を受けるひとり親を対象に、保証会社との契約で支払った費用が5万円まで補助される。いずれの制度も、公正証書など請求権を証明する債務名義があることが条件。

 市こども家庭課の職員は「養育費の大切さを認識するきっかけになれば。ぜひ活用して欲しい」と呼びかける。

半数の家庭取り決めせず

 養育費は、その内容を離婚時に取り決めしていないケースが多い。ひとり親家庭を対象にした市のアンケート調査(2017年)によれば、「相手と関わりたくない」「支払う能力や意思が無いと思った」などを理由に、取り決めしていない人は50%弱に上った。

 市はこうした状況を改善するためセミナーを開くほか、ひとり親サポートよこはま(中区)で弁護士による無料相談を行う。また、今回の制度は啓発的な狙いもある。

 ひとり親サポートよこはまの津守恵里子センター長によると、ここ10年で養育費や公正証書に関する相談を受けることが増えているという。その一方で、スムーズに手続きすることが難しい状況だったり、費用面などで公正証書や保証契約を断念する人もいるとして、「補助制度が、様々な事情で養育費を諦めていた人を支えることにつながれば」と期待を寄せる。また、受取人への支援だけではなく、支払う側に対して、養育費の役割を啓発していくことも重要だと強調する。

港北区版のトップニュース最新6

区内中学生が躍動

水泳大会

区内中学生が躍動 スポーツ

全国&関東で優勝

9月16日号

子育てをICTで応援

区内の任意団体

子育てをICTで応援 社会

産前産後をサポート

9月16日号

「停滞、閉塞感打破したい」

「停滞、閉塞感打破したい」 政治

山中新市長に聞く

9月9日号

浜なし「豊水」で県知事賞

新吉田東・豊田さん

浜なし「豊水」で県知事賞 経済

持寄品評会でW受賞

9月9日号

妙蓮寺に子育て施設

妙蓮寺に子育て施設 社会

「笑顔で集える場を」

9月2日号

「認知症の理解、深めよう」

新羽地域ケアプラザ

「認知症の理解、深めよう」 社会

“オレンジ色”で啓発活動

9月2日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月18日0:00更新

  • 6月25日0:00更新

  • 4月30日0:00更新

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年9月16日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook