都筑区版 掲載号:2020年3月12日号 エリアトップへ

初の著書「みずひき 基本の結びと17レシピ」を発売した水引折り方講師の 中村 瑠水子さん 都筑区在住 47歳

掲載号:2020年3月12日号

  • LINE
  • hatena

日本人の心を作品に

 ○…「水引は物を結んでいるだけでなく、伝統の素材と技法で、日本文化を表したもの」。このほど発売した著書に、基本の結び方や作品紹介のほか、日本古来の考え方や、本数、色にまつわる由来が語られているのは、日本文化に触れる楽しさを多くの人に知ってほしいという思いから。「文化に触れる楽しさと美しい造形に触発される喜びを感じてほしい」

 ○…古くは城下町として栄えた兵庫県たつの市出身。大学進学を機に地元を離れるも、24歳の時につかぬ間の帰郷で、地場産業の資料館でガイドをしたことが故郷に愛着を持つきっかけに。現在は地元の歴史文化資料館から声がかかり、兵庫でも作品の展示をしている。「魅力ある故郷に作品を持ち帰れて光栄だった。旧友も足を運んでくれ、楽しい時間だった」と笑顔を見せる。

 ○…結婚を機に都筑区へ。知り合いのいない場所で「習い事でも」と、ラッピング教室の門を叩いた。奥深さにのめり込み、日本の贈答文化についてさらに深く知りたいと水引講師に弟子入り。「ただの物作りでは飽きていたと思う。結び方ひとつにも日本人の考え方が表れている」。現在はセンター北で講師として魅力を伝えている。「教えるために、学び続けたい。細かな知識が線になった時、楽しさに気づける」と目を輝かせる。

 ○…著書で使われている写真は自分で撮影したものばかり。レシピの図解もパソコンで作成した。「機械をいじるのが好きで試行錯誤中」とはにかむ。民家園でのボランティアとしても活動中で区内のまつりでは「子どもに日本文化を知ってもらいたい」とワークショップも開催している。「作品や作法が持つ意味を考え、学び、伝え続けたい」と探究心は深まるばかり。

都筑区版の人物風土記最新6

荒木田 百合さん

横浜市社会福祉協議会の会長に就任した

荒木田 百合さん

中区桜木町在勤 60歳

11月19日号

多賀谷 彰さん

コロナ禍の経営難を乗り越えようと、学童とタッグを組んだ勢 鴨居店の店長

多賀谷 彰さん

池辺町在勤 51歳

11月12日号

三田 律子さん

つづきっこ読書応援団代表の

三田 律子さん

茅ケ崎南在住 58歳

11月5日号

綿谷 優大さん

センター北フリーパフォーマンスでジャグリングを披露する

綿谷 優大さん

南山田在住 21歳

10月29日号

尾城 杏奈さん

「ピティナ・ピアノコンペティション」の最難関ソロ部門・特級でグランプリを受賞した

尾城 杏奈さん

栄区在住 23歳

10月22日号

石井 将隆さん

ココロはずむアート展実行委員会代表でカプカプ川和所長の

石井 将隆さん

区内在勤 56歳

10月15日号

妙蓮寺墓苑 一般墓地・樹木葬

一般墓石付き98万円~ 樹木葬1区画30万円~ ☎0120・514・194へ

http://www.514194.co.jp

一流を育てる 秋山木工

第25回職人と丁稚の木工展 開催

https://www.akiyamamokkou.net/

(有)サンケイ自動車

車検も板金塗装も、愛車の売買もお任せを!!チョイキズ修理、1000円より!!

http://sankei-car.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 11月12日0:00更新

  • 11月5日0:00更新

  • 10月29日0:00更新

都筑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 都筑区の歴史を紐解く

    大正末期〜昭和の北山田から 第61回

    都筑区の歴史を紐解く

    文・絵 男全(おまた)冨雄(『望郷』から引用)

    11月19日号

  • 目のお悩みQ&A

    専門医が分かりやすく解説

    目のお悩みQ&A

     第4回「単焦点レンズと多焦点レンズ、どっちがよいレンズ?」

    11月12日号

  • ICT機器は文房具である

    コラム「学校と社会をつなぎ直す」【11】

    ICT機器は文房具である

    桐蔭学園理事長 溝上慎一

    11月12日号

都筑区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年11月19日号

お問い合わせ

外部リンク